犬の日常ケア(図解します)

〜足裏バリカン・爪切り編〜


こんにちは、かーちゃんです!

今回は犬の日常ケア〜足裏バリカン・爪切り編〜ということで
やり方ややる意味について紹介していこうと思います。

なかなか難しくてできないという方もいると思いますが、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

※決して無理をせず行うようにしてください。
 できないようであればプロに頼みましょう。


足裏バリカンのやり方

それでは足裏バリカンのやり方を写真を見ながら解説して行きます。


まずこれはバリカンやる前ですね。

裏側じゃないですけど、指の間からももじゃもじゃ出てきてますね笑


こちらが足裏。

肉球の間から毛がはみ出ています。

これだと肉球の滑り止めの役割がうまく果たせなくて滑ってしまいます。
このはみ出た毛を刈るのが足裏バリカンです。


実際にやっていきます。
これは前足です。前側に万歳させてやるよりも関節のところで後ろに足を折り曲げたほうがやりやすいと思います。

肉球からはみ出た毛をバリカンで刈ります。
肉球とばりかんの刃は平行にします。

立ててしまうと皮膚を間違えて切ってしまうので注意してください。


刈り終わった足がこんな感じ。
だいぶスッキリですね🎶

この写真だと肉球の間までしっかり刈り込んでいますが、ここまでやらなくて大丈夫です。

はみ出てしまった毛を刈るだけで十分肉球の役割を果たすことができます。


注意点


矢印で示したところなどは人間でいう水かきみたいな部分なんですがこれを誤って切ってしまいがちです。

誤って切ってしまう原因は先ほども言ったようにバリカンの刃を立ててしまって皮膚がバリカンの中に入り込んでしまうからです。

毛がもじゃもじゃしていると皮膚なのか毛なのか判断しづらいので、注意して手入れしましょう。


爪切りのやり方

続いて爪切りのやり方を紹介します。

爪切りはととろさんの場合、お散歩によって自然と爪が削れているのでヤスリで整える程度で済ますことが多いです。

ただ、下の写真の狼爪(ろうそう)と呼ばれる地面には付かない爪があります。これはいくら散歩しても削れることはないのでカットします。


ちなみに爪を伸ばし続けるとだんだん巻いてきて、何かに引っかかって折れてしまったり、肉球に刺さってしまったりするので定期的なカットが必要になります。

カットの頻度はトリミングを月に一回行っているのであればその時に一緒にやってもらうので十分だと思います。

散歩の時間や頻度によって爪の伸び具合は変わってきますので、伸びてきてるなあと思ったらカットするようにします。

伸びてきていると判断する方法は、横から爪を見た時に血管よりも先に白い部分がある程度ある場合。

もしくはフローリングなど歩いた時にかちゃかちゃ音がするというのも目安になるかもしれません。

爪が巻いてきているようであればカットの必要があります。

では、カットの仕方を写真で解説していきます。


実際にととろさん爪切りされています笑。

ととろさんの爪は厄介なことに黒いので血管が横から見てもわかりません。

このような場合はちまちま切っていって爪の中央あたりが透明になってきたなあと思ったらカットするのをやめます。

また、カットするときの体勢ですがととろさんはこの抱っこスタイルが落ち着くようです笑

トリミング台に乗せてやるのが普通ですが、犬によって落ち着いていられる体勢は変わってきますのでどの体勢がいいのか探してみてください。


爪を図のようにカットできたらヤスリがけをします。
カットした時にできてしまった角をさらに滑らかにします。

ヤスリがけの時は爪の付け根の部分をしっかりと押さえて動かないようにするのかポイントです。

削りやすくなりますし、グラグラ動くと犬も嫌がります。


注意点

爪切りを行う際の注意点を紹介します。


先ほども説明しましたが、爪を切る目安が上の写真の透明な部分が出てきたらおしまいということです。

これ以上切ってしまうと出血してしまいますので注意してください。

出血してしまったら?

もし、切りすぎて出血してしまったら慌てずティッシュや清潔なガーゼなどで圧迫します。

もしくはクイックストップなど止血剤も市販で売られていますので活用してみるといいかもしれません。


まとめ

いかかでしたでしょうか。

なかなか自宅で手入れするのは難しそうと感じるかもしれませんが、一度できるようになってしまえばそんなに大変なものではありません。

また、子犬の頃からバリカンの振動や爪切りなどに慣れさせておくことで日常ケアが非常に楽になります。

ぜひ、参考にしてみてください。

Follow me!

犬の日常ケア(図解します)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です