犬の認知症の症状と原因と予防法



犬にも認知症が存在することはご存知でしょうか?

認知症はかなり症状が進んでからでないと気づくことが難しい病気です。

年を取っても健康で過ごすためには若い頃からの予防が大切です。

今回はそんな認知症についてわかりやすくお話ししようと思います。

犬の認知症の症状

まずは犬の認知症の症状について紹介します。

当てはまる症状があったら認知症の可能性があります。

  • 昼夜逆転などの生活リズムの乱れがある。
  • 単調に鳴き続ける。
  • 呼んでも反応が薄い。
  • 今までできていたことができなくなる。
  • 粗相が増える。
  • 同じところをグルグルする。

これらが認知症の症状と言われています。

犬の認知症は早いと5歳頃から発症すると言われています。

早めの対策が大切です。

認知症の原因

認知症の原因は詳しいことはよくわかっていないそうです。

脳が何かしら変化したり、神経伝達物質の分泌量が減ったりすることで起こるとも言われています。

予防法

では、犬の認知症を予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

  1. 適度の運動やおもちゃで遊ぶ。
  2. ふれあいの時間を増やす。
  3. DHAやEPAなどが多く含まれたフードやサプリメントを与える。

適度な運動やおもちゃで遊ぶ

適度な運動やおもちゃで遊ぶことは脳にとって程よい刺激となります。

この刺激が認知症予防につながります。

ふれあいの時間を増やす

ふれあいの時間も生活の中での良い刺激となります。

とにかく何かしらの刺激になる時間をきちんと確保することが認知症予防には大切です。

DHAやEPAなどが多く含まれたフードやサプリメントを与える

DHAやEPAは体で作ることのできない必須脂肪酸と呼ばれるものです。

青魚などに多く含まれています。

なぜ認知症にいいのか?

DHAやEPAは神経細胞を構成する成分の一種です。

脳はたくさんの神経によって情報が伝達されています。

その神経の働きを改善することによって認知症が改善するのではないかと言われています。

実際に様々な脳の機能に働きかけているという報告もある

人間では認知症患者にDHAを摂取させると計算力や判断力が改善したという報告や脳機能の向上が見られたという報告がされています。

また、子犬の認識機能の発達に欠かせない栄養素であることも報告されています。

認知症だけじゃない

神経細胞を構成する成分の一種であるため認知症だけでなく、胎児の成長、発達にも必要不可欠な成分です。

子犬や子猫は脳の発達が生まれてから数週間にわたって起こるのでこの時にDHAやEPAをきちんと母乳から摂取することで健康な体になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

犬の認知症について知らないこともあったかもしれません。

これを機に認知症の予防を早めに始めて健康で元気なシニア犬ライフを送っていただけたら嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です