犬の命に関わる7大疾患〜クッシング症候群〜



犬の命に関わる7大疾患としてクッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、肥満、胆泥症があげられます。

今回はその中のクッシング症候群について紹介したいと思います。

効果的な予防法がないと言われているクッシング症候群ですが、早めのケアで発症の確率を下げることができます。その秘訣は犬の食事にあります。

クッシング症候群とは?

点滴を受ける犬のイラスト

そもそもクッシング症候群とはどんな病気かというと一種のホルモン異常によって引き起こされる病気です。

副腎皮質からコルチゾールと呼ばれるホルモンが過剰に分泌されることによって発症します。

コルチゾール分泌のメカニズム

コルチゾールが分泌されるには脳下垂体というところから副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が副腎皮質に向けて分泌されます。ACTHを受けとった副腎皮質はコルチゾールを分泌します。

コルチゾールの役割

コルチゾールは生命維持に欠かせないホルモンです。

主に下記のような働きをしています。

  1. 肝臓で党を作ったり、グリコーゲンを合成したりする。
  2. 筋肉でのたんぱく質の代謝を行ったり、ミネラルの代謝を行う。
  3. 炎症を抑える。
  4. 免疫を抑制する。

犬では1.0~5.0μg/dlが正常値だと言われています。

この値を超えてくるとクッシング症候群の疑いがあります。

症状

主な症状として

  • 多飲多尿
  • 皮膚が黒ずむなどの色素沈着
  • 足腰が弱くなる
  • 脱毛
  • お腹が膨らむ
  • 脂肪がつきやすくなる

これらの症状が見られます。

原因

原因は3つほど考えられます。

  • 脳下垂体に腫瘍ができている。

原因の90%は脳下垂体に腫瘍ができたことによるものだと言われています。

脳下垂体に腫瘍ができるとACTHが過剰に分泌され、結果としてコルチゾールの分泌量も増えます。

特に高齢犬に多く、脳下垂体の近くには神経が通っているため腫瘍によって神経が圧迫されると認知症などの神経症状が出てくることもあります。

  • 副腎に腫瘍ができる。

残りの10%は副腎に腫瘍ができることによって発症すると言われています。

こちらの場合はACTHの分泌は市場であるものの、副腎が異常をきたしているのでコルチゾールが過剰分泌されてしまいます。

シーズーなどに多いと言われています。

  • コルチゾールと似た働きの薬を服用している。

先ほど紹介したようにコルチゾールは抗炎症作用があるため医薬品に使用されています。過剰摂取などによってクッシング症候群を発症することがまれにあります。

治療法

獣医と犬と猫のイラスト

治療法ですが、主にこのような方法で治療していきます。

①血液検査でコルチゾールの値を測定する。

          ↓コルチゾールの値が高い場合

②原因を見つけるために超音波やCT・MRI検査で腫瘍を探す。

(副腎は超音波、脳下垂体はCT・MRIで腫瘍を探します。)

       ↓腫瘍が見つかったら

③副腎に腫瘍があったら外科手術、脳下垂体なら腫瘍が小さければ投薬、大きければ放射線治療もしくは外科手術を行う。

しかし、脳の手術は非常に難しいのでやってくれる病院が限られている。

クッシング症候群になる前に

クッシング症候群は効果的な予防法がないと言われていますが、食事に気を付けることで発症を抑えることができます。


人も食べられるナチュラル療法食をテーマに開発されたわんちゃんのご飯です。

普通の療法食と何が違うのか

では、動物病院などで販売されている療法食と何が違うのか紹介します。

  • 自然原料を使用し、自然を活かす製法で作られている。
  • 国内生産している。
  • 市販の療法食と臨床的に栄養バランスは劣らないのに食い付きが良い
  • クッシング症候群だけでなくその他の7つの疾患に対応している

これらのことが市販の療法食と違う点です。

特に、療法食は食い付きが問題視されることが多くありますが、ナチュラル療法食犬心は栄養バランスそのままで食い付きを良くすることに力をいれています。

高齢のわんちゃんで食が細くなってきているのに、市販の療法食を与えるのは大変です。

しかし、ナチュラル療法食犬心ならその心配はいりません

とにかく食い付きが良いので、ぜひ一度お試しください。

まとめ

ペットと飼い主の家族と獣医のイラスト

いかがでしたでしょうか?

犬の7大疾患はとにかく食事管理が大切です。

いつまでも元気で健康なわんちゃんでいられるよう食事にこだわってみてください。

ととろさんも胆石症なので食事には気を付けて生活しています。そのおかげで現在はとても元気に過ごしています!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です