犬の糖尿病の原因と症状、治療法について



犬の糖尿病について紹介します。

糖尿病は重症化すると死に至る可能性のある病気です。良く水を飲むようになり、ご飯を食べているのに痩せていくなどの症状がある場合には糖尿病の疑いがあります。

今回はそういった糖尿病の原因や症状についてわかりやすく紹介していきます。



糖尿病とは?

糖尿病とは血液中のブドウ糖がエネルギーとして使用されず尿中に出てきてしまう病気です。

ブドウ糖がエネルギーとして使用されるには膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが重要です。

このインスリンが分泌されなかったり、うまく作用されないと糖尿病になってしまいます。

高齢犬や避妊をしていないメスのわんちゃんに多く発症する病気と言われています。

原因

原因は主に二つに分けられます。

  1. 膵臓からのインスリン分泌量が少ない。
  2. インスリンの作用に反応しない。

膵臓からのインスリン分泌量が少ない

犬の糖尿病のほとんどがインスリンの分泌量が少ないことで引き起こされています。

膵臓のインスリンを分泌する細胞がダメージを受けていたり、疲れてしまっているとインスリンの分泌量が減ってしまいます。

インスリンの作用に反応しない

こちらはインスンリン抵抗性と言います。

インスリンはきちんと分泌されているのも関わらず、体がそのインスリンに反応せず血液中のブドウ糖を吸収できない状態です。

膵炎やクッシング症候群などの場合インスリンが作用しにくくなることがあります。

症状

症状は以下のようなものです。

  • たくさん水を飲み、たくさんおしっこをする。(多飲多尿)
  • 体重が減ってくる。
  • 毛並みが悪くなる。
  • 白内障
  • 嘔吐や食欲不振
  • 脱水
  • 昏睡状態に陥る。

これらの症状が見られるようになります。

特に重症化すると血液中にケトン体という体に害になる物質が増え、ケトアシドーシスという状態になります。そうなると嘔吐や食欲不振、さらには昏睡状態に陥り死に至るケースもあります。

診断と治療

診断は血液検査と尿検査で行います。

血液検査:血糖値が正常値よりも高くなります。

尿検査:尿中にケトン体が出てきます。

これらの結果が出た場合には糖尿病と診断されることが多いです。

治療法はインスリン治療と食事療法です。

インスリン治療:まずは入院をしてインスリンがどの程度必要かを調べます。その後、1日2回食後にインスリンの皮下注射を行います。

食事療法:食事は決まった量与えるようにし、それ以外のものは与えてはいけなくなります。

また、重症の場合にはインスリン注射を継続して行う必要があります。

脱水を起こしている場合には点滴などで水分の補給や電解質の補正を行うこともあります。

予防法



バランスの悪い食事は血糖値を急激にあげてしまう原因になります。

また、炭水化物や脂肪の取り過ぎも肥満になり糖尿病のリスクをあげます。

バランスのとれた食事と適度な運動が大切です。

また、メスのわんちゃんは避妊をすることによって糖尿病のリスクが下がると言われています。

まとめ



いかがでしたでしょうか?

最悪の場合死に至るケースもある糖尿病です。

実際に私も動物病院で働いている時に重症の糖尿病患者さんを看取ったことがあります。

そうならないためにも普段のわんちゃんの様子であったり、正しい生活習慣を身につけるようにしましょう。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です