犬のストレスを減らすための心のケア、気持ちを理解する方法



愛犬と適切なコミニュケーションは取れているでしょうか?

犬は人間のように言葉を話すことができないので、気持ちを理解するのは難しいことかもしれません。

しかし、様々な行動や仕草で気持ちを伝えようとしています。

犬の気持ちを正しく理解することは犬の心のケアにもなります。

また、犬のストレスを取り除いて健康的に過ごす一歩にもつながります。

ぜひ、犬の気持ちを理解できるようになるために参考にしていただければと思います。

ストレスが犬の健康寿命を短くしている

ストレスは人間でもそうですが犬でも健康寿命を短くしてしまいます。

犬はストレスをどのようなことで感じるのか紹介します。

・心理的ストレス

不安や悲しみ、怖さや欲求が満たされないことの不満などのストレスです。

・環境的ストレス

生活環境が汚れている、衛生的でない。うるさい、暑い、寒い、狭いなどのストレスです。

・身体的ストレス

体のどこかが痛い、苦しい、運動不足などによるストレスです。

ストレスの段階

ストレスはいきなり体に悪影響を及ぼすわけではありません。

段階を経て、ストレスに耐えきれなくなると体に不調が出てきます。

第一段階:ストレスに耐えようとする。

気持ちの切り替えなどを行ってストレスに耐えようとします。

第二段階:ストレスに抵抗しようとする。

気持ちのバランスを保とうとしてストレスに抵抗します。抵抗には大きなエネルギーが必要です。

第三段階:ストレスに負ける。

ストレスに抵抗するエネルギーがなくなり、ストレスに負けてしまいます。

この段階までくると体に不調が出てきます。血尿や脱毛、ひどいと自傷することもあります。

ストレスを緩和し、心のケアを行う方法

犬のストレスについて紹介してきましたが、ではどのようにストレスを緩和し心をケアしたら良いのでしょうか?

犬の心のケアには犬の気持ちを理解することが重要です。

犬の気持ちを理解する

犬はオオカミと共通の祖先であると言われています。

しかし、オオカミは犬ほどコミニュケーション能力に優れていません。

犬はコミニュケーション能力に優れているため人間とともに生活するようになったのではないでしょうか?

犬のコミニュケーション能力が高いと言っても人間の言葉が話せるわけではありません。

そんな犬の気持ちを理解するためのポイントをいくつか紹介していきます。

犬の視線が大事

愛犬が自分を見つめてきたなんて経験をしたことがあるのではないでしょうか?

犬は視線でなにかを訴えようとする生き物です。

例えば、何かに困っていて助けて欲しい時、何かが欲しくておねだりする時などは視線を送ってくることがあります。

犬は人間と見つめ合うことによって幸せホルモンと言われているオキシトシン濃度が上昇すると言われています。

オキシトシンは幸福感を与えたりストレス緩和に役立つホルモンです。

犬が視線を送ってきたら見つめ返してあげることでストレス緩和につながり、何を要求しているのか考えることで気持ちを理解できるようになります。

カーミングシグナルを理解しよう

カーミングシグナルという言葉をご存知でしょうか?

カーミングシグナルはCalming落ち着かせる、Signal合図という意味を持っています。

言葉を話せない犬が非音声言語として利用する、いわばボディーランゲージのようなものです。

このカーミングシグナルがどんな気持ちを表しているのか知ることで犬の気持ちを理解しやすくなります。

また、犬同士であれば無駄な対立を避けるために使用されることもあります。

カーミングシグナルの持つ意味をいくつか紹介します。

体をかく

ストレスを感じている。

今は遊びたくない、構わないで。

あくびをする

緊張やストレスを和らげたい。

気持ちを落ち着かせたい。

鼻を舐める

ストレスで鼻水や唾液の量が増えた。

相手に敵意がないことを示す。

背中を向ける

ほっといて欲しい。

敵意がないことを示す。

人間の気持ちが犬に影響する

犬は思っている以上に人間の感情や仕草に敏感な生き物です。

人間が悲しい気持ちであれば、犬もその気持ちに寄り添おうとします。

人間が嬉しい気持ちの時には犬も嬉しい気持ちになります。

このように犬は感受性に優れているため人間が気持ちを穏やかに保ち、犬にストレスを与えないようにすることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

犬もストレスを感じ体調を崩すことがあります。

ストレスの原因はなんなのかを考え、犬の気持ちを理解しようとすることでストレスが緩和され心のケアにつながります。

ぜひ、健康寿命を伸ばすためにも犬の気持ちを理解できるようになりましょう。



Follow me!

犬のストレスを減らすための心のケア、気持ちを理解する方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    犬の行動や視線に目配りをして犬の気持ちを考えて接する事を心掛けたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です