犬は雷が怖いのか?



先日、ととろさんの住んでいる地域では雷が発生していました。

ととろさんは雷がなるとビビって動けなくなります。

なんでこんなにも怖がるのかと色々調べてみたことをまとめてみましたので、ととろさんみたいに雷の怖い犬を飼っているみなさんに参考にしていただければと思います。

ととろさんのびびり具合をご覧ください

実際にととろさんがどれぐらい雷にビビるのか動画にしましたのでご覧ください。

ゲージで静かに寝ていたのですが、雷がなった途端に飛び起きてあの体勢へ・・・。

そして動けなくなってしまいました。

ゲージから出してあげると・・・。

私の肩によじ登って降りてきません笑

なぜこんなにも雷が怖いのでしょうか?

犬が雷を怖がる理由

犬は雷の光や音に反応して驚いているようです。

また、身の危険を感じているためこのような行動をとってしまうみたいです。

なぜ雷が怖くなってしまったのか?

犬

車の音やライトの光はこわくないのになぜ雷だけ怖くなってしまったのでしょうか?

原因はいくつかあるようです。

・もともと音に敏感な性格だった。

・社会化期に音などの刺激が足りず、慣れていないため。

・雷にトラウマがある。

・飼い主が怖がっていたから。

・体に病気などの不安なところがあるため刺激に敏感になっている。

これらが雷を怖がる主な原因のようです。

どんな行動をするのか?

ととろさんの場合は明らかに驚いている感じでしたが、他にも恐怖を感じて様々な症状が出ることがあるようです。

症状によっては治療が必要になるものもあります。

・逃げ出そうとする。

・よだれが増える。

・吠える。

・震えたり、痙攣したりする。

・失神する。

このような症状が出ることがあります。

特に痙攣したり、失神してしまうようであれば治療が必要かと思います。

飼い主はどう対応すべきか

怖がっている犬に対してどのように接するのが正しいのでしょうか?

答えはいつも通り接することです。

慰めたり、かけたりする必要はないそうです。

また、パニックに陥ってしまう犬もいるので安全の確保や逃げ出さないように注意することが大切です。

飼い主はいつでも冷静に対応してあげるのがいいようです。

こんな時は病院へ

ととろさんのように少し驚くくらいでその後はいつも通り過ごしているようであれば特に問題はないと思います。

しかし、体に何か悪影響が出ている場合には動物病院での診察をお勧めします。

特に行動診療という犬の行動から様々な病気を見つけて治療していくものが良いと思います。

行動診療では十分なカウンセリングを行うことによって、なぜ体に異常が出ているのかを判断し治療の計画を立てます。

あまりにも雷の音でストレスを感じているようであれば行動診療を受けてみるといいです。

まとめ

雷に驚く犬は多くいるかと思います。

しかし、驚き方や心身への影響がどれくらいあるかによって治療が必要になってくるケースもあるということを忘れてはいけません。

ととろさんのこともしっかり観察しないといけませんね。



Follow me!

犬は雷が怖いのか?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    いつもと同じように接する事の大事さを知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です