犬に水素水をあげるとどうなるのか?水素水の驚くべき効果を解説!

水は人間だけでなく犬にとっても生命を維持するために必要なものです。

そんな毎日飲む水について深く考えたことがある人は少ないと思います。

今回は水の中でも様々な効果が期待できるのではないかと言われている水素水について紹介していこうと思います。

水の役割とは

毎日飲んでいる水ですが一体どのような働きをするのでしょうか?

犬の体重のおよそ65%は水分です。

このうちの3分の2は細胞の中に含まれています。

残りの細胞の外に存在する水はリンパ液や血液の中に含まれます。

リンパ液や血液は栄養分や酸素を全身に運ぶ役割をします。

体の水分が減ってしまうと血液がドロドロになり、病気や老化の原因になります。

また、体のおよそ20%の水分が失われてしまうと命に関わると言われています。

1日どれくらい飲むのが良いの?

水分が足りなくなることで病気や老化の原因になるとお話ししましたが、たくさん飲みすぎるのもよくありません。

体重1kgに対し50〜60mlが妥当だと言われています。

ととろさんは体重8kgなので1日あたり400ml〜480ml程度飲むことになります。

ちょうど500mlのペットボトル一本分くらいだと思っておけば良さそうですね。

また、1kgあたり90ml以上飲むようであれば病気の可能性が考えられますので一度動物病院での受診をおすすめします。

犬に水素水ってどうなの?

最近よく耳にする水素水ですが犬にとってどのような効果があるのでしょうか?

水素水の効果

・活性酸素の除去

水素水は病気の原因となってしまう活性酸素というものを除去してくれると言われています。

活性酸素はストレスや運動不足、ドッグフードの添加物などによって体に蓄積していきます。

・臭いの軽減

体臭や口臭、便の臭いの軽減にも効果があると言われています。

・皮膚疾患の改善

アトピーやアレルギーなどによる皮膚疾患が改善されたという報告もあります。

水素水の注意点

犬にとって嬉しい効果を発揮してくれる水素水ですが、与え方には注意しなくてはいけません。

まず、水素水はミネラルが多く含まれていることがあります。

このミネラルは結石などを作りやすくしてしまいます。

尿路結石などの犬には与えないようにした方がよいです。

また、お腹を壊して下痢などをしてしまう可能性もあるので様子をみながら与えるようにしましょう。

犬にはペット用水素水がおすすめ!

水素水にはミネラルが多く含まれていたりお腹を壊す心配があるとお話ししました。

これらのことが心配な方におすすめなのがペット用の水素水です。



こちらは結石に原因となるミネラルをフィルターによって取り除いてくれています。

また、熊本県の日本名水百選に選ばれている白川水源の湧き水を使用しているので安心です。

水素を限界まで溶かした高濃度水素配合の水素水です。

また、自宅に届いても水素が抜けてしまわないように専用のパックに入っています。

ぜひ、アトピーやアレルギーを改善したいという方や元気に過ごしてほしいという方は試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人間にとっても犬にとっても大切な水ですが、その役割や効果がよくわかったかと思います。

水素水については動物病院の治療でも少しづつ活用されてきています。

まだまだ知られていない効果がたくさんありますが、これからどんどん嬉しい効果が期待できそうです。

お水は毎日飲むものだからこそこだわっていきたいですね。

Follow me!

犬に水素水をあげるとどうなるのか?水素水の驚くべき効果を解説!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    何気に今まで水道水を与えていました。水素水それも犬専用の物がある事を知りました。今後の参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です