犬の涙やけの原因と自宅でできる対処法



犬の涙やけが気になることありますよね?

そんな涙やけの原因と自宅でできる対処法について紹介します。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

涙やけとは?

涙やけとは流涙症や鼻涙管閉塞などと言われるものです。

目頭の毛が涙の成分が酸化したり、細菌が増殖することによって赤茶色に変色してしまいます。

悪化すると皮膚炎を引き起こしたり、結膜炎の原因になったりもします。

涙やけの原因とは?

涙やけを引き起こす原因はいくつかあります。

涙点がない、涙管が細い

涙点とは涙が鼻の方へと流れていく穴のことです。

この穴が生まれつきない場合があります。

そうすると涙が鼻の方に流れていかないので目からあふれてしまい涙やけができてしまいます。

また、涙の流れる管である涙管が細いことも原因の一つです。

アレルギー

花粉や食べ物によるアレルギーも涙やけの原因になります。

アレルギーによって涙の量が増えると目から涙があふれてしまいます。

これが酸化したり細菌が増殖することで涙やけを引き起こします。

高カロリー・高脂質の食事

高カロリー・高脂質の食事も涙やけの原因になります。

このような食事は皮脂の分泌が過剰になり、涙点を詰まらせてしまいます。

これによって涙の流れ道が塞がれ涙やけになってしまいます。

逆さまつ毛

逆さまつ毛は目の表面にまつげが当たってしまいます。

目の表面にまつげが当たると涙の量が増えるので涙やけになりやすいです。

目の病気

結膜炎などの目の病気も涙やけができやすくなる原因として挙げられます。

どれも涙の量が増えたり、あふれてしまうことで引き起こされるのです。

ドライアイ

涙の量が少ないのになぜ?と思う方もいらっしゃると思います。

ドライアイは涙が目の表面にうまく広がらなくなってしまいます。

そうすると目頭から目に行き渡らなかった涙が出てきてしまいます。

これによって涙やけになるケースもあります。

自宅でできる涙やけ対策

涙やけにならないように自宅ではどのような対策ができるでしょうか?

水分の摂取量を増やす

涙腺が詰まってしまい涙やけを起こしている場合には水分の摂取量を増やし、涙の流れをよくしてあげることが大切です。

涙やけによる変色はホウ酸水

涙やけによって毛が変色してしまった場合にはホウ酸水で洗い流します。

もしくはコットンなどに染み込ませて優しくふき取るようにします。

すぐには綺麗になりませんが、こまめに拭いてあげることで徐々に良くなってきます。

また、重曹でも変色が良くなることがあります。

市販品にも頼ってみる

市販では涙やけを解消するサプリメントや、クリーナー、ウェットシートなども販売されています。

まだ、ひどくない涙やけなら市販品で手入れをしてあげるのも一つの手です。

毛をカットする

目の周りの毛が目の表面に触れてしまうようであれば、こまめにトリミングなどでカットすることをおすすめします。

涙やけがひどい時には動物病院で受診する

涙やけがひどく皮膚などに炎症があったり、目が赤く充血しているなどの異常があった場合には自分でどうにかしようとせず獣医さんに診てもらうことが大切です。

愛犬の目の健康は日々の手入れや観察によって保たれます。

ぜひ、自宅でもこまめなケアを行ってみてくださいね。



Follow me!

犬の涙やけの原因と自宅でできる対処法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    勉強になりました。今後の参考にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です