ほうっておくと聴力低下にもつながる?犬の外耳炎や耳ダニの原因と治療法



最近なんだか愛犬の耳が臭うな・・・。

かゆそうにしている・・・。

そんな症状が見られたら耳の病気かもしれません。

今回はそんな耳の病気の代表とも言える外耳炎と耳ダニについて原因や治療法をわかりやすく解説していきます。

犬の耳の病気

犬は人間よりも耳の病気になりやすいと言われています。

その理由は人間よりも通気性が悪いためです。

犬の耳はL字型の構造になっているためどうしても通気性が悪くなってしまいます。

また、ととろさんのようなキャバリアやアメリカンコッカーなどは垂れ耳でさらに耳が蒸れやすくなっているので注意が必要です。

耳の病気のサイン

耳の病気になっていると次のような症状が出ることがあります。

・耳がいつもより臭う、いつもと違う匂いがする

・頭をしきりに振る

・耳を床にこすりつけたり、掻いたりしている

特に頭をしきりに振ると毛細血管が切れて耳の軟骨と皮膚の間に血が溜まってしまう耳血腫になることがあるので注意が必要です。

このような症状が出ることがあるので、ぜひ愛犬の様子を観察してみてください。

犬が特になりやすい耳の病気

犬がよくなりやすい耳の病気について紹介していきます。

私が動物病院で働いていた時も一番耳の病気が多かったように感じます。

よく耳掃除をやっていました。

外耳炎

外耳炎は特によくなりやすい耳の病気です。

<症状>

耳から変な臭いがしたり、痒みが出てきます。

外耳とは耳の入り口から鼓膜までのことを言い、ここが炎症することによって外耳炎が引き起こされます。

<原因>

原因はもともと存在している細菌やカビが増殖することによるものです。

また、耳かきの際にできた傷やシャンプーが入ってしまったことなども外耳炎を引き起こす原因になります。

耳に存在する細菌のなかでもマラセチアという細菌が増殖して外耳炎を起こすことが非常に多いです。

マラセチアは特有の臭いがします。

また、耳垢は黒茶褐色で粘り気があるのが特徴です。

<治療>

耳の洗浄や点耳薬による治療で改善されます。

耳ダニ

耳ダニはどこにでも存在し、どの犬も感染する可能性のある病気です。

<原因>

耳ダニは0.3〜0.5mmくらいの小さなミミヒゼンダニというダニは大量発生することによって耳疥癬(みみかいせん)という炎症を引き起こします。

<症状>

耳ダニは耳垢を食べて増殖します。

耳垢は黒くて乾いたものが大量に出るようになります。

大量の耳垢をよく見ると白い耳ダニが動いているのがわかります。

また、この耳垢の中には大量の卵が産み付けられており、感染力が非常に高いのが特徴です。

多頭飼いの場合はかなり注意が必要です。

強い痒みを伴うため、耳を引っ掻いて傷ができてしまうこともあります。

放っておくと聴力低下や平衡感覚に障害が出たりもします。

<治療>

治療は点耳薬と耳の洗浄を行いますが、感染力が強いため数週間から1ヶ月程度治療する必要があります。

腫瘍やポリープの可能性もある

耳に腫瘍やポリープが出来ていることで違和感を感じ、掻いたりすることもあります。

この場合は外科手術で腫瘍やポリープをとります。

まとめ

耳の病気は犬のとって本当に不快なものです。

早く気づいてあげること、そして治療してあげることが犬のためにも大切です。

ぜひ、この記事が参考になれば嬉しいです。



Follow me!

ほうっておくと聴力低下にもつながる?犬の外耳炎や耳ダニの原因と治療法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    耳に関する病気が犬には多いと初めて知りました。今後の参考にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です