犬が噛むのには理由があった!犬の気持ちを理解して噛み癖を治す方法



愛犬がなんでも噛んで破壊してしまうから困っている・・・。

手を噛まれてショックだった・・・。

そんな経験をしたことがある方も少なくないと思います。

犬が噛むのには理由があります。

今回はその理由を理解することで噛み癖を治す方法を紹介していきます。

犬が噛む理由

犬が噛むのには必ず理由があります。

その理由は以下のものが考えられます。

歯が気持ち悪い

幼犬期には歯の生え変わりがあります。

この時期は歯がムズムズして何かを噛みたくなるようです。

ストレス発散

運動不足や退屈になってしまうと何かを噛むことによってストレス発散したり、退屈なのを紛らわします。

かまってほしい

何かを噛んで破壊することで飼い主が注目してくれたことがある場合には、何度も噛むようになります。

ものを噛むことでかまってもらえると学習している可能性があります。

体のどこかが悪い

体を触った時に噛まれた経験のある方もいると思います。

この場合は体のどこかが痛かったり体調が良くない可能性があります。

自分の身を守るために噛み付いてしまうのです。

怖いから

昔、人間から虐待を受けていた犬などは人の手が怖いため噛み付いて近寄ってこないようにします。

加減を知っている犬と知らない犬の違いとは?

どの犬でも本能的に噛んでしまうことがあります。

しかし、噛む時に加減かできる犬と加減ができない犬がいます。

その違いは何かと言うと親や兄弟と共に過ごす時間が短かった可能性があります。

噛む加減は兄弟犬とのじゃれ合いなどによって学んでいきます。

早いうちから親や兄弟から離れてしまうと加減を知らないまま人間の元にやってくることになります。

これが強く噛んでしまう原因になることもあるのです。

噛み癖を治す方法

噛み癖を治す方法はいくつかあります。

  • 噛まれたらいけないものは片付けるようにする。
  • 家具はカバーなどをする。
  • 噛んで良いものは存分に噛ませてあげる。
  • 噛んでも騒がない。

犬はもともと噛む生き物です。

噛まれたらいけないものは片付けるのが大事です。

また、テーブルの脚を噛んでしまう犬もいるかと思います。

噛まれるのを防止するカバーなども販売されているので使用してみるといいかもしれません。

犬にとって噛むことは楽しいことです。

ストレス発散のためにも噛んでいいものを与えるのも良いでしょう。

ただし、噛んだ破片の誤飲などには注意してください。

また、噛まれてはいけないものを噛まれて騒いでしまう飼い主がいますがこれはやってはいけません。

先ほども少し紹介しましたが、騒ぐことでかまってもらえたと勘違いしてしまいます。

より噛むことを助長してしまう可能性がありますので、ダメと一度言ったらハウスに戻すなど冷静に対応しましょう。

まとめ

犬が噛むのには必ず理由があります。

この理由を理解することで適切な対処法を探すことが可能になります。

感情的に叱るのではなく、なぜ噛んでしまったのかを考えるようにしてみてください。

愛犬とより良い暮らしができるように願っています。



Follow me!

犬が噛むのには理由があった!犬の気持ちを理解して噛み癖を治す方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。有難うございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です