部屋の温度設定は大丈夫?犬が暮らす環境の温度管理の重要性とは



少しずつ暖かくなってきてお散歩も行きやすい気候になってきました。

今くらいの気候であれば犬も過ごしやすいかと思います。

しかし、気温がさらに上がったり冬のように寒くなると犬の体調に影響があります。

今回は犬と暮らす際に重要な温度管理ついて紹介していきます。

犬は人間よりも熱中症になりやすい?

犬は人間よりも熱中症になりやすいと言われています。

人間は30℃を超えてくると熱中症が増加すると言われています。

犬の場合は22℃、湿度60%以上になってくると熱中症が増加すると言われています。

なぜ熱中症になりやすいのか

犬は人間よりも体温が高いです。

およそ38℃から39℃くらいあると言われています。

体温が高いにもかかわらず汗をかく汗腺が非常に少ないのです。

このため体に熱がこもりやすく、熱中症になりやすいのです。

熱中症の症状

熱中症になると体温は40℃近くにまで上がります。

犬は汗をかかない分パンティングという口を開けてハアハアすることで体温を下げようとします。

つまり、パンティングしている時は暑いということです。

また、重症化すると嘔吐や血尿、痙攣が起こり意識朦朧としてきます。

熱中症にならないために

熱中症にならないためには春頃から部屋の温度管理などを行っていく必要があります。

犬種にもよりますが室温を23℃〜26℃くらいに保っておくと良いです。

また、部屋の中に涼しい場所を作ってあげるのも良いです。

エアコンで除湿を行ったり、カーテンで遮光するのも効果的です。

特に留守中には室温が知らないうちに上がっていたなんてこともありますので、気温が高くなりそうだったらエアコンをセットしておくなどの対策をします。

また、夏場の車内放置は絶対にしないようにしましょう。

万が一熱中症になってしまったら?

熱中症のような症状が出ていると思ったら涼しいところに移動して水分補給をおこないます。

それでも症状が良くならない場合には氷や保冷剤を使用して脇や股間などを冷やしてあげましょう。

すでに嘔吐や血尿、痙攣などが起きている場合には冷やしなら直ちに病院に行きましょう。

熱中症意外に夏場に気をつけたいこと

熱中症以外にも夏場には気をつけたいことがあります。

  • 花火などの大きな音
  • 強い日差し
  • 除草剤

花火や雷の大きな音に慣れていない犬はパニックに陥り脱走することがあります。

こちらの記事で雷の音が怖い犬について紹介しています。

犬は雷が怖いのか?ととろさんが雷に驚く動画も公開中

強い日差しは熱中症だけでなく皮膚を痛める可能性があります。

毛が薄く肌の露出が多い犬などは日差しをブロックする洋服などを活用するのも良いでしょう。

夏場には雑草をなくすために除草剤がまかれている可能性があります。

草などを食べてしまう犬は要注意です。

犬は寒さには強いのか

犬は暑さに弱いことがわかりました。

では、寒さにはどうなのでしょうか?

ベルクマンの法則

ドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマンが唱えた法則をベルクマンの法則と言います。

この法則では同じ種であっても寒い地域に住んでいる動物は体重が重く、寒さに強いと言っています。

犬種によって寒さに強いか弱いかは分かれてくるようです。

また、ダブルコートを持つ犬は寒さに強いと言われています。

室内犬か室外犬かにもよる

室内で飼われている犬は冬場も暖かいところで生活しているため寒さに弱いことが多いです。

つまり、寒さに強いか弱いかは生活環境に左右されることが多いのです。

冬場の温度管理

冬場は室内を21℃〜24℃程度に保てば犬も快適に過ごせるかと思います。

犬によっては寒がりな子もいるので調節してあげるようにします。

冬場に気をつけたいこと

冬場に気をつけたいことは以下の通りです。

  • ストーブなどによる火傷
  • 不凍液中毒

寒がりで冬はストーブから離れないなんて子もいるかと思います。

ストーブでの低温火傷には注意しましょう。

雪が降ると路面凍結防止のために不凍液がまかれていることがあります。

不凍液は中毒を引き起こしますので、雪道を歩いた後など足を舐めたりしないように注意しましょう。

まとめ

犬の温度管理について紹介していきました。

犬は温度に敏感な動物です。

室内の温度管理はもちろん、お散歩の時にも様子を観察し異変がないかチェックするようにしてみてくださいね。

Follow me!

部屋の温度設定は大丈夫?犬が暮らす環境の温度管理の重要性とは” に対して3件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    私は以前、娘が二人いましたがおねえちゃんを熱中症で亡くした経験が有り気温には気をつけて妹には気を使った経験があります。
    2人とも今は天国で私の両親と過ごしていますが、今後この事を教訓にしたいと考えます。ためになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です