がんを予防する食材?!犬の食事にも取り入れたいファイトケミカルについて徹底解説



皆さんは愛犬にがんなどで苦しんで欲しくないと思いますよね。

そんな皆さんの願いを叶えてくれるかもしれない成分があります。

それがファイトケミカルです。

犬だけでなく人間にとってもがん予防の効果を発揮してくれるファイトケミカルについて紹介していきます。

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルとは動物は持っていない植物独自の栄養素のことを言います。

この植物独自の栄養素たちは病気の予防やがんの予防、健康の維持のために必要な栄養素です。

また、近年増えてきている生活習慣病にも効果があると言われています。

犬も生活習慣病で肥満になってしまうことが増えてきているので積極的に取り入れたい栄養素です。

なぜファイトケミカルが良いのか

では、なぜファイトケミカルが病気の予防やがんの予防に良いのでしょうか?

これらの原因の一つとして体の中の活性酸素があげられます。

活性酸素は老化やがん、生活習慣病を引き起こす原因になります。

ファイトケミカルにはこの活性酸素を除去してくれる働きがあるのです。

活性酸素の発生を抑える働きを抗酸化作用と言います。

活性酸素はどのようにして体に溜まるのか

活性酸素は体の中に侵入した異物を除去する際や紫外線の浴びすぎなどによって増加すると言われています。

植物にファイトケミカルが存在する理由

動物は紫外線を浴びすぎると皮膚ガンになることがあります。

皮膚ガンは紫外線による細胞の損傷が起き、遺伝子が壊れてしまうことにより引き起こされます。

損傷を受けた遺伝子は修復することが可能です。

しかし、修復する数が増えるほど修復ミスが起きたり修復が追いつかなかったりします。

この正しく修復されないことによって皮膚ガンになってしまうのです。

ここで大きな疑問が生まれます。

植物は動物以上に紫外線を浴びているのになぜがんにならないのか。

これがファイトケミカルのおかげなんです。

植物は動物のように動くことができません。

つまり、紫外線から逃れることができないのです。

紫外線から逃れられない植物は体にファイトケミカルを蓄えることによって体を守ることにしたのです。

だから、植物独自の栄養素なんですね!

ファイトケミカルと呼ばれる成分

ファイトケミカルは病気を予防する成分の総称です。

ここからは具体的な成分について紹介していきます。

フラボノイド

フラボノイドは強い抗酸化作用を発揮する成分です。

また、動脈硬化や血栓の予防をしたり抗ウイルス効果を発揮したりします。

大根やブロッコリーに含まれています。

リコピン

リコピンはトマトの赤色に含まれる成分です。

抗酸化作用やがんの抑制に役立つと言われています。

トマトの他にも柿やスイカ、ルビーのグレープフルーツなどに含まれています。

アントシアニン

さつまいもの皮の紫色に含まれるアントシアニンは細胞の老化を抑えたり、抗炎症作用、解毒作用が期待できます。

ナスやブルーベリーにも含まれています。

ルテイン

ルテインは抗酸化作用と老化の防止、視力の維持に役に立つと言われています。

ほうれん草やブロッコリー、とうもろこしに含まれています。

イオウ化合物

イオウ化合物は抗酸化作用と殺菌効果などがあります。

また、発がん物質の解毒や体を温めて血栓を予防してくれる働きもあります。

β−カロテン

β−カロテンは体内でビタミンAとして働きます。

粘膜の強化をしてくれるので免疫力アップにつながります。

人参やかぼちゃ、ほうれん草に含まれています。

デザイナーズフーズとは?

ここまでファイトケミカルについて紹介してきました。

ところで、皆さんデザイナーフーズをご存知でしょうか?

アメリカのがん国立研究所ががんの予防に効果がある食材を研究しまとめたものです。

がん予防効果が期待される「デザイナーフーズ」とは?|食べるからだメンテナンス|おいしい大麦研究所
引用元 https://www.hakubaku.co.jp/omugi-lab/maintenance/designerfoods/

このピラミッドの上に行けば行くほどがんを抑制する効果が強いと言われています。

これは人間用で作られているので犬の食事に取り入れる際には犬が食べても問題ない食材を選んで与えるようにします。

ちなみにてっぺんのにんにくは犬には与えないでくださいね!

まとめ

ファイトケミカルについて紹介していきました。

愛犬の健康のためにもファイトケミカルを含む食材を1つでも普段の食事に取り入れてみるのはいかがでしょうか?

また、人間にも同じような効果が期待できますので家族みんなでがん予防できたら良いですね!

Follow me!

がんを予防する食材?!犬の食事にも取り入れたいファイトケミカルについて徹底解説” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    大変ためになる話しでした。私の愛娘(愛犬)をウィルス性の癌で亡くしてしまった後悔があるので、次回一緒に生活する事が有れば参考にさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です