犬に果物は与えてはダメ?おすすめの果物を紹介



果物は甘くて美味しいので欲しがるわんちゃんは多いと思います。

犬に果物を与えても良いのか、そして与えることで得られるメリットやおすすめの果物を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

犬に果物はダメなのか?

犬に果物は与えて良いものと与えてはいけないものがあります。

与えていけないものの例としてはぶどうがあげられます。

ぶどうは中毒を引き起こし、腎不全に陥ることもあるので注意しましょう。

果物を与えることのメリット

果物を与えることのメリットは多くあります。

おやつやご褒美で与えることで健康に!

果物は甘くて美味しいのでおやつやご褒美で与えると大変喜びます。

果物はもともと動物に食べて種を運んでもらいたいので甘く美味しくなりました。

ファイトケミカルやビタミン、抗酸化物質もたくさん含まれているので健康にも良いです。

ファイトケミカルについてはこちらの記事で紹介しています。

水分補給にもGOOD!

果物は水分が多く含まれているので水分補給にももってこいですね。

高齢のわんちゃんなど水分が十分に補給できないときに果物を与えるのも良いです。

与える際の注意点

嬉しい栄養がいっぱい入った果物ですが与える際には注意したいことがあります。

熟したものを与える

果物は熟したものを与えるようにします。

熟していない果物はまだ動物食べられたくないのでアルカロイドというアクの成分が多く含まれています。

この成分は動物の健康を害する可能性があるので注意しましょう。

皮はむいたほうが良い

皮をむいた方が良い理由は皮に農薬がついている可能性があるためです。

皮ごと与えたい場合にはしっかり洗ってから与えるようにしましょう。

適量与える

なんでもそうですが、与え過ぎは健康を損なう可能性があります。

特に果物は糖分が多いので肥満の原因になります。

また、お腹を壊したり体を冷やしてしまうこともあるので適量にしましょう。

旬のものを与えるのがおすすめ!

果物を与えるのならば、旬のものがおすすめです。

旬の食材は栄養が豊富に含まれているのでせっかくあげるなら旬のものを与えてみてくださいね。

季節ごとのおすすめ果物

旬の果物がおすすめとお話しました。

それぞれの季節の旬の果物の栄養素と期待できる効果を紹介していきます。

冬から春はやっぱりイチゴ!

今の季節はイチゴがおすすめです。

ととろさんも大好きなイチゴですが嬉しい効果がたくさんあります。

<ビタミンC>

コラーゲンの生成を助け、皮膚や粘膜の強化をします。

歯周病の予防にも良いと言われています。

<アントシアニン>

イチゴの赤色に含まれる成分で抗酸化作用を発揮します。

肝機能の向上や視力の低下を予防する働きがあります。

<ペクチン>

コレステロールや糖分の吸収を抑制する働きがあります。

糖尿病の予防や動脈硬化、整腸作用があります。

夏といえばスイカ!

スイカは厳密には果物ではないのかもしれませんが・・・。

夏の代表として紹介していきます。

<リコピン>

ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用を発揮してくれます。

がんや老化の予防に役立ちます。

<β−カロテン>

緑黄色野菜に匹敵する量のβ−カロテンが含まれています。

リコビンと相乗的に働いて活性酸素の除去をしてくれます。

活性酸素の除去に関してはこちらの記事からどうぞ。

<イノシトール>

コレステロールを減らし肝機能の向上や生活習慣病の予防に役立ちます。

<カリウム>

むくみの解消に役立つ成分です。

<シトルリン>

腎臓の働きを助ける成分です。

利尿作用があるのでデトックスにも効果があります。

その他にも・・・。

その他にも夏バテ予防や熱中症対策にも良いです。

種は食べても問題ありませんが気になるようならとってからあげると良いです。

食べ過ぎ注意!

食べすぎると利尿作用があるのでおもらしをするわんちゃんもいます。

くれぐれも与え過ぎには注意しましょう。

甘さはピカイチ!秋が旬の柿

とにかく甘くておいしい柿はそのままでもおいしいですし、干し柿にしてもおいしいですね。

柿には免疫力をアップする成分がたくさん含まれているので秋にはぜひわんちゃんと一緒に楽しみたい果物です。

<ビタミンC>

粘膜の強化をし感染症の予防や免疫力のアップに役立ちます。

<タンニン>

ウイルスを排除する働きのあるキラー細胞という細胞の働きを活性化します。

<β−カロテン>

抗酸化作用を発揮します。

<クリプトキサンチン>

柿の黄色に含まれる成分で活性酸素の除去をします。

強い抗がん作用を発揮してくれます。

その他にも・・・。

免疫力や抗ウイルス効果が期待できる柿は冬に風邪をひきやすいわんちゃんにおすすめです。

昔から呼吸器系の病気に効くと言われて食べられていたのが柿なのです。

注意したいこと

とにかく甘いので与え過ぎには十分注意してください。

秋から冬が旬だということをあまり知られていないりんご

りんごは保存が効くので年中スーパーなどでは見かけますが、旬は秋から冬です。

手に入りやすくてわんちゃんも大好きなりんごの嬉しい成分を紹介していきます。

<クエン酸>

疲労の原因となる乳酸の分解をし、疲労回復に役立ちます。

<カテキン>

緑茶で有名なカテキンは抗酸化作用があり、動脈硬化や糖尿病の予防に役立ちます。

<ポリフェノール>

皮の赤色にはポリフェノールが含まれています。

抗酸化作用を発揮してくれます。

りんごに関しては皮ごとあげるのも良いかと思います。

<水溶性食物繊維ペクチン>

腸内の善玉菌を増やし整腸作用があります。

便秘の改善や免疫力のアップに役立ちます。

注意したいこと

りんごは丸呑みして喉に詰まってしまう可能性がありますので細かく刻むか、すりおろしたりして与えるのをおすすめします

まとめ

いかがでしたでしょうか?

果物には嬉しい成分がたくさん含まれています。

また、季節ごとに旬の果物を食べるのも楽しいですよね。

ととろさんも果物が大好きで人間が食べていると欲しがります。

与え方に注意して楽しく食べて健康維持ができると良いですね。



Follow me!

犬に果物は与えてはダメ?おすすめの果物を紹介” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。果物は甘いから食べさせていませんでしたが、癌予防等色々な病気予防法になると知れて良かったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です