ノルバサンシャンプー使ってみた!使い方や効果を徹底解説

犬猫用の薬用シャンプーとして有名なノルバサンシャンプーを実際に使ってみました。

泡立ちや洗い上がりがどんな感じなのかを徹底解説していきます。


<この記事でわかること>

  • ノルバサンシャンプーの特徴
  • 使い方や実際に使ってみた使用感
  • 成分とその効能

ノルバサンシャンプーとは?

ノルバサンシャンプーは犬猫用の薬用スキンケアシャンプーです。

外耳炎などで動物病院に行った際にノルバサンオチックという耳の洗浄液をもらったことがある人は多いかと思います。

そのシャンプーバージョンです。

肌の弱い子でも安心して使える低刺激で殺菌・消臭効果に優れています。

コンディショナー配合なのできしまずなめらかな仕上がりになります。

ノルバサンシャンプーを実際に使ってみた!

ちょうど以前使っていたシャンプーがなくなってしまったのでノルバサンシャンプーを使ってみることにしました。

ととろさんはたまに肌が赤くかぶれることがあります。

そんな少し敏感肌のととろさんに実際に使ってみます。

こちらが本体になります。

値段は3000円くらいしたと思います。

どうやら格安と言って偽物も出回っているようなのでご注意くださいね。

236mlで3000円程度だったら大丈夫かと思います。

確実なのは動物病院などで購入することではないでしょうか?

ああwあわあ

こちらが中身です。

青色の透明な液体です。

匂いはベビーパウダーのような香りがします。

泡立てた後

泡立ててみました。

もこもこ泡ができるといった感じではありません。

どちらかというとクリームっぽい感じです。

使い方

どのように使用したら良いのかを紹介します。

ととろさんもこの方法で洗いました。


1全身を濡らします。

2ノルバサンシャンプーを適量手に取ります。

3体全体に行き渡るように2〜5分マッサージします。

4よく洗い流します。

5必要ならもう一度洗います。


ととろさんはさほど汚れはひどくなかったので一回だけ洗っておしまいにしました。

使用量

使用量は以下の通りです。

猫・小型犬10kg未満10ml〜30ml
中型犬10kg以上20kg未満30ml〜60ml
大型犬20kg以上50ml〜
使用量の目安

上記の表はあくまで目安です。

最初に全身を濡らして被毛に残った水分の約20分の1が使用量の目安だそうです。

なかなか難しいのでとりあえず全身が洗える量を使用しました。

実際に使ってみた感想

実際に使ってみた感想は泡がたくさんできるわけではないので洗うというよりマッサージしてあげるという感覚でした。

また、洗い上がりはふわっとした感じになります。

ノルバサンのベビーパウダーのような香りが乾かした後もほんのり残っている感じです。

その後、何日か経ちましたがとくにかゆがったり赤くなったりはしませんでした。

ととろさんの肌には良かったようです。

また、キャバリアは耳の毛が絡まりやすいのですがシャンプー後も絡まることなくブラッシングできました。


  • 洗うというよりマッサージに近い。
  • 洗い上がりもきしまずふわっとした仕上がり。
  • 敏感肌でも赤くならなかった。
  • 絡まりやすい毛もブラッシングできた。

ノルバサンシャンプーの成分とその効果

ノルバサンシャンプーが肌や被毛に良いことがわかりました。

では、その成分とその効果を紹介していきます。


クロルヘキシジン酢酸塩

細菌などに効く成分です。

安全性が高く肌にも優しいです。

抗菌剤や防腐剤として使用されています。

ヤシ油脂肪酸アミド

刺激が少ない洗浄成分です。

ラウリン酸ジエタノールアミド

泡立ちや洗浄力をアップしてくれる成分です。

刺激が少なく肌に優しいです。

塩化ジアルキルジメチルアンモニウム

被毛を柔らかくふわっとした仕上がりにしてくれます。

静電気が起こりにくくなります。

刺激や毒性の少ない界面活性剤です。


これらの成分がノルバサンシャンプーには含まれています。

どの成分を見ても刺激が少なく肌に優しいことがよくわかりますね。

まとめ

今回はノルバサンシャンプーについて紹介していきました。

肌が少し弱いととろさんでも安心して使えたので、ぜひ試してほしい商品です。

Follow me!

ノルバサンシャンプー使ってみた!使い方や効果を徹底解説” に対して2件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です