犬の臭いの悩みを解決!賃貸で犬を飼う私が気をつけていること

現在も賃貸でキャバリアのととろさんとインコ2匹と暮らしています。

そんなわたしが気をつけているのはペットの臭いです。

今回はそんなペットの臭いに関する悩みを解決する方法を紹介していきます。

ペットの臭いに気をつけている理由

犬

なぜペットの臭いに気をつける必要があるのかお話しします。

賃貸では消臭代が取られることがある

賃貸ではペット可の物件であっても管理会社の人や大家さんにペットの臭いが染み付いていると判断されれば、消臭代を追加で徴収される可能性があります。

事前にクリーニング代を払っていても追加徴収されることはあるので気をつけましょう。

ペットの臭いが苦手な人もいる

ペットを飼っている人からすれば臭いなんてほとんど気にならないと思います。

しかし、ペットを飼っていない人は臭いに敏感だったり不快に思うこともあります。

他人に迷惑をかけないためにも臭いに気を遣うことが大切です。

実際に行っている臭い対策

笑顔な犬

わたしが実際に行っている臭い対策を紹介します。

消臭剤を置く

消臭剤を置くのはかなり王道なやり方ですね。

特にわたしがおすすめしているのはこの2つです。

ハル・インダストリーの消臭剤は植物由来の消臭成分を使用しているので安心安全なのが一番のオススメポイントです。

特にペットがいるので危険性の少ないものを選びたいという方におすすめしたいです。

うちで使用しているのはこの無香空間です。

とにかく臭いの吸着力がすごいです。

一人暮らし時代から愛用しています。

中のビーズは飲み込むと大変なのでペットの届かないところに置くといいです。

うちではあんな端っこに置いてます。

ケースは無香空間のものじゃないんですけど、中身は無香空間です笑

こまめな掃除

掃除機

こまめな掃除はなかなか大変ですが重要です。

特に犬は毛も抜けますし、インコも羽や餌の殻が飛んだりします。

こういった毛とかを綺麗にしておくだけでも臭いは軽減されますよ。

また、ペットたちのケージもこまめに掃除してあげると良いです。

月1回のシャンプー

シャンプーしている犬

ととろさんは月に一回シャンプーをします。

月に一回トリミングに通っているよーという方も多くいると思います。

やはり、洗わないでしばらくすると臭いがきつくなってきます。

しかし、頻繁に洗うのは皮膚に良くないので月一回がちょうどいいと思います。

臭いや汚れが劇的に落ちる犬用入浴剤について紹介した記事もあるので合わせて読んでみてくださいね。

洋服は別の部屋で管理

収納された洋服

洋服は別の部屋で管理しています。

今住んでいる家は2階建で、基本的に2階にはととろさんは来ないように制限しています。

特に寝室には絶対に入れていません。

(理由は無呼吸の治療をしているお兄さんが医療機器を置いているため。)

柔軟剤にこだわる

洗剤

柔軟剤にはこだわっています。

洋服は他の人に臭いを気にされる可能性があるので、ペットが苦手な人でも不快に思われないようにしています。

部屋干しはしない

洗濯物

部屋干しはしません。

菌が繁殖して臭いの原因になるからです。

脂っこいものは与えない

ポテトフライ

ペットには脂っこいものは与えないようにしています。

健康の観点からもそうですが、皮脂の分泌量が増えて臭いの元になるからです。

換気を定期的に行う

扇風機

部屋の換気は定期的に行っています。

朝起きたら網戸にして空気の入れかえをします。

日中寒かったり、暑かったりしないようであればそのまま網戸で過ごします。

網戸だとととろさんは外の様子も見れるので嬉しいみたいです。

網戸が開けられないときは換気扇を弱で回しています。

ペットを飼っていない友人に家に来てもらう

これはわたしが一人暮らしのマンションを出るときにやったことなんですが、ペットを飼っていない友人に何にもない退去前の部屋に来てもらいました。

やはり、ペットを飼っていない人はペットの臭いがすごくよくわかるので良い確認になります。

無事、染み付いた臭いなどもなく退去することができました。

まとめ

犬の集合写真

いかがでしたでしょうか?

ペットを飼っている人からすればさほど気にならない臭いですが、世の中は結構気にしていることがわかります。

ぜひ、今回紹介した方法で少しでも臭いの悩みが解消されることを願っています。

Follow me!

犬の臭いの悩みを解決!賃貸で犬を飼う私が気をつけていること” に対して2件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です