使い心地解説!犬のハーネスはおすすめなのか

最近は首輪よりもハーネスをつけているわんちゃんを多く見かけるようになってきました。

キャバリアのととろさんもハーネスを使用しています。

今回はハーネスの使い心地や注意点などを紹介していきます。

首輪とハーネスはどちらが良いのかという比較もしていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ハーネスとは?

ハーネスを付けた犬

ハーネスとはわんちゃんの胴にはめてリードを繋ぐものです。

胴輪と言われることもあります。



ととろさんの使用しているような体を覆うものと、紐でできたものがあります。

首輪とどっちが良いのか

ハーネスを付けた犬

首輪とハーネスではどちらが良いのかという疑問を良く耳にします。

わたしの個人的な考えとしてはハーネスの方がおすすめかなと思います。

理由は首輪だとどうしても首だけに力が加わるので苦しそうという点です。

ととろさんは最初首輪を使用していましたが、かなり息が苦しそうだったのでハーネスにしました。

「散歩中一切引っ張ることはない!」というわんちゃんは首輪でも問題ないと思います。

しかし、そこまで散歩が上手なわんちゃんは少ないと思います。

ととろさんも普段はそんなに引っ張ったりはしませんが、他のわんちゃんを見つけたときやトイレする場所を探すときにはやはり引っ張ります。

この時に苦しくないのはハーネスかなと思います。

また、ハーネスは体につけているので首輪よりも外れにくかったり、ちぎれたりすることがないので安心できるとわたしは思います。

ハーネスの使い心地

使い心地は首輪と大差はありません。

しかし、わんちゃんも首でリードを引っ張るのはかなり苦しいですが、ハーネスは体全体でリードを引っ張ることができるので引っ張り癖のある子は注意が必要かもしれません。

首輪でも引っ張る子はかなり強く引っ張りますが…。

反対に飼い主側の力もわんちゃんの体全体に伝わるので制御はしやすいと思います。

だからといって無理に引っ張るのはやめましょう。

ハーネスの注意点

ハーネスについて紹介していきましたが、使用する際の注意点もありますので参考にしてみてください、

すり抜けられる

笑う犬

ハーネスはわんちゃんの後ろに向かって引っ張る分には体から抜けることはありません。

しかし、後退りしているわんちゃんなどを引っ張ると頭からスポンと抜けてしまうことがあります。

ととろさんはどこで覚えたのか、上手にハーネスから抜けることができます。

なので、歩かないからといって頭の方に向かって無理に引っ張らないようにする必要があります。

いきなり引っ張られるとびっくりする

ハーネスを付けた犬

先ほどもお話ししましたが、ハーネスは体に付けています。

そのためわんちゃんは苦しくない分、全力でリードを引っ張ることができます。

とっさにリードを引っ張られるとかなりの衝撃があるので注意する必要があります。

擦れる

見上げる犬

ハーネスは脇の下で固定するものがあります。

この場合、サイズが合っていないと擦れてしまう可能性があります。

また、ピッタリと装着しないと外れてしまう危険性もあるのでサイズ調節はきっちり行いましょう。

装着が少し大変

首輪に比べて装着が少し大変と言う声もあります。

また、体に付けられるのが嫌というわんちゃんも少なくありません。

ハーネスを付ければお散歩に行けるというポジティブな学習をさせてあげることで装着しやすくなります。

ととろさんはハーネスの音がするだけで走ってきます笑

まとめ

ハーネスについて紹介していきました。

首輪は首だけに力が加わるので気管などへの負担が大きいと言われています。

しかし、ハーネスは首には付けないのでその分安心して使用することができます。

ただし、注意点もありますので正しく使用することが大切です。

ぜひ、ハーネスを使って楽しいお散歩にしてくださいね。



Follow me!

使い心地解説!犬のハーネスはおすすめなのか” に対して3件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です