初心者でも飼いやすいのは本当か?キャバリアの性格や注意点を紹介

初心者でも飼いやすい犬として紹介されやすいキャバリアですが、本当に飼いやすいのでしょうか?

今回は実際にキャバリアのととろさんと生活するわたしがキャバリアについて紹介していきます。

キャバリアを飼ってみたいと考えている方はぜひ、注意点までよく読んでみてくださいね。

キャバリアとは

キャバリアとはキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルというイギリスの犬です。

もともとイギリス王室で愛玩犬として飼育されていたキング・チャールズ・スパニエルという犬種を改良することによって生まれた犬種です。

なぜ、改良が行われたのでしょうか?

キング・チャールズ・スパニエルは鼻の短い短頭種に分類されます。

そのためいびきがうるさく病気に弱かったと言われています。

その欠点を解消するために鼻を少し伸ばしたのがキャバリアです。

キャバリアには「騎士」という意味があります。

キャバリア基本情報

体重4~8kg
寿命10~15年
分類小型犬~中型犬
ブレンハイム
トライ
ブラック&タン
ルビー

キャバリアの性格は?

キャバリアの性格はどんな子が多いのでしょうか。

  • 優しくて温厚
  • 人間が好き
  • 争い事を嫌う
  • 適応力が高い
  • 運動や遊ぶことが好き
  • 甘えん坊でさみしがりや

主にこのような性格の子が多いように感じます。

特に人間が好きで争い事を嫌う性格はととろさんでも顕著に表れます。

ドックランなどに行っても、飼い主さんのところばかり行って他の犬には興味を示さないことがほとんどです。

また、運動や遊ぶことは大好きなのでおもちゃをそっとわたしのそばに置いて待っていることも多々あります。

甘え上手なキャバリアは可愛らしくてたまらないですよ。

キャバリアを飼う上で注意したいこと

とても優しい性格で飼いやすいと言われるキャバリアですが注意しなくてはいけない点もあります。

遺伝的に心臓の病気になりやすい

寝ているキャバリア

キャバリアは遺伝的に心臓の病気になりやすいと言われています。

特に僧帽弁閉鎖不全症には注意が必要です。

僧帽弁閉鎖不全症は心臓の弁がうまく機能しないことによる血液の逆流などが起こる病気です。

障害薬を飲み続けなくてはいけなくなります。

最近では手術を行っている病院もありますが、難しい手術になるためリスクを伴います。

定期的な検診で問題がないかを診察する必要があります。

被毛の手入れ

キャバリアの被毛はとても美しく魅力的です。

しかし、この美しさを保つには手入れが欠かせません。

日頃からブラッシングを行ったり、月に一回シャンプーをするなどの手間がかかります。

また、抜け毛も多いのがキャバリアです。

こまめな掃除が必須です。

肥満に注意

眠たいキャバリア

キャバリアは太りやすいです

そのため肥満に注意する必要があります。

肥満は様々な病気を引き起こすリスクが上がります。

また、心臓にも負担になるのでよくありません。

甘え上手なキャバリアはその可愛らしい瞳でおやつをねだってくるかもしれません。

しかし、健康のためにも食事管理はきちんと行う必要があります。

垂れ耳は蒸れやすい

キャバリア

キャバリアのチャームポイントと言えば大きくて垂れている耳ですよね。

この垂れ耳というのがとても蒸れやすく菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

そのため、マラセチアなどの耳の病気にもなりやすいと言われています。

こまめな手入れを行い、清潔に保つようにしましょう。

キャバリアも犬であることを忘れない

噛みつくキャバリア

最も注意して欲しいことは、キャバリアも犬であるということです。

犬である以上、吠えたり噛んだりすることがあります。

勘違いされがちなのは

「キャバリアは初心者でも飼いやすいから吠えないし、噛まないんでしょ?」

ということです。

あくまで吠えにくい、噛みにくいというだけです。

なにか気に食わないことがあったり、恐怖を感じたりすればキャバリアだって吠えますし噛みつきます。

この点を勘違いしないで欲しいのです。

「キャバリアは吠えたり噛まないって聞いたから飼ったのに…。」

そんなことにもならないために。

キャバリアは犬です。

吠えることも噛むこともあります。

犬を飼うということ

キャバリアに限ったことではありませんが、犬を飼うということはそんなに簡単なことではありません。

たくさんの苦労や辛いことがあります。

しつけが上手くできなくて落ち込むことだってあります。

そういったことを理解せずに楽しい日々だけを想像していては犬は飼えません。

また、犬と過ごす時間を取れない場合も飼うことは諦めた方が良いです。

わたしはもともと遠方まで仕事に通っていました。

しかし、ととろさんが長時間留守番しているのがかわいそうで、現在はほぼ在宅での仕事をしています。

犬はわたしたち人間よりも早く年を取ります。

そして、早く天国へ旅立ってしまいます

そんな短い犬生のほとんどを1人でゲージの中で過ごすのはあまりにも切ないです。

なるべく多くの時間わんちゃんと共に過ごしてあげてください。

わんちゃんにはあなたしかいません

犬を飼うのは簡単なことではありません。

しかし、最高に素敵な時間を過ごせるのも確かなことです。

ぜひ、この記事が犬を飼うということについて考える機会になればと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャバリアは初心者でも飼いやすいと言われていますが、注意しなくてはいけない点もあることがわかったかと思います。

また、犬を飼うことについて理解しきちんと考えるのがいかに重要かも伝わったと思います。

わんちゃんと生活する時間がより素敵なものになりますように願っています。

Follow me!

初心者でも飼いやすいのは本当か?キャバリアの性格や注意点を紹介” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    犬と一緒に生活する事の難しさはわかってるつもりですが、改めて肝に命じたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です