お留守番も安心!犬をクレートに慣れさせる方法

わんちゃんがクレートに入ってくれなくて困っているという方は少なくないと思います。

キャバリアのととろさんも最初はクレートを警戒して入ってくれませんでした。

しかし、クレートに入れるようになることでたくさんのメリットがあります。

今回はそんなクレートに慣れさせ、上手に入れるようになる方法を紹介します。

ととろさんがクレートに入る練習をする動画も載せていますので参考にしてみてください。

クレートに慣れさせるメリット

集合する犬
集合する犬

では、クレートに慣れさせるメリットとは何か説明していきます。

留守番も安心できる

笑顔の犬
笑顔の犬

クレートに慣れさせることができれば留守番も安心してすることができます。

もともと、犬は狭くて暗いところが安心する生き物です。

クレートは犬にとって安心できる場所なはずなのです。

しかし、小さい頃からゲージなどの広い空間に慣れているとクレートのような暗くて狭い空間が苦手になりがちです。

その苦手を克服することで、犬本来の暗くて狭い空間が安心するという気持ちを取り戻すことができます。

留守番でもクレートの中で落ち着いて過ごすことができれば、安心してお出掛けができますよね。


Point!

  • 犬は暗くて狭いところを好む生き物
  • 本来、クレートは安心できる空間
  • クレートに慣れれば留守番も安心してできる

災害時などにも役立つ

毛布にくるまる犬
毛布にくるまる犬

災害時にもクレートは役に立ちます。

何か災害が起こった時には、わんちゃんはクレートに入れて避難するのが基本です。

また、避難所などでもクレートに入れていないと避難所を使用させてくれないことが多いです。

そういった時にクレートに慣れておくことで、ストレスが少ない状態で過ごすことができます。

いつもと違う環境で生活すること自体がわんちゃんにとって大きなストレスになります。

さらに、慣れないクレートでの生活となると精神的苦痛はかなり大きくなってしまいます。

ストレスを少しでも軽減するためにクレートに慣れさせておく必要があります。


Point!

  • 避難するときはクレートに入れるのが基本
  • 避難所ではクレートが必須のことが多い

犬も安心して寝られる

寝ている犬
寝ている犬

先ほども少しお話ししましたが、犬は狭くて暗いところが安心する生き物です。

クレートはそういった環境が整っています。

クレートでの生活に慣れさせておけば、わんちゃん自身も安心して眠れるようになります。


Point!

  • クレートは安心して寝られる環境になっている

車移動もできる

楽しそうな犬
楽しそうな犬

車移動のときもクレートは必須アイテムになります。

特に運転手しかいない場合には、わんちゃんが車内を自由に動き回るのは非常に危険です。

クレートに入れて移動するのが一番安全です。

座席に備え付けられるペット用の座席もあります。


おしゃれなドッググッズブランド free stitch

これはわんちゃん用のシートベルトだそうです。

いろんなものが販売されているんですね。


Point!

  • 車内ではクレートに入れておくと安心
  • 自由に動きまわらせるのは事故につながる危険性がある

動物病院にも行きやすい

動物病院にいる犬
動物病院にいる犬

動物病院を嫌がるわんちゃんは多いと思います。

そんなわんちゃんはクレートに入れて動物病院に行くことをお勧めします。

病院の前で駄々をこねたり、吠えてしまうのを防ぐことができます。

あまりにも興奮して噛みついたりするわんちゃんも中にはいますので、動物病院が嫌いな子はクレートに入れて行ってみてください。

また、わんちゃん自身も安心して動物病院に行くことができます。

ととろさんは喜んで動物病院に行くタイプですが・・・笑


Point!

  • 動物病院嫌いな子はクレートがオススメ
  • 吠えたり、駄々をこねるのを防げる
  • 噛みつき予防にもなる

公共交通機関に乗れる

クレートにおとなしく入ることができれば公共交通機関に乗ることもできます。

(各会社によってルールは異なります。)

ととろさんは引っ越しの際に電車に乗って移動したことがあります。

車が使えないという時にもわんちゃんとの移動が可能になります。

クレートで電車移動するととろ

こちらはクレートで電車に乗るととろさんの様子です。

少し不安そうですがおとなしくしてくれていました。


Point!

  • 車が使えない時にも移動手段が確保できる

クレートに慣れさせる方法

やり方
やり方

では、クレートに慣れさせるにはどうしたら良いのでしょうか?

わたしがととろさんに行った方法を紹介していきます。

また、ととろさんがパピーだった時にクレートに慣れる練習をした動画もありますのでぜひ参考にしてみてください。

おやつやおもちゃを使う

臭いを嗅ぐ犬
臭いを嗅ぐ犬

おやつやおもちゃを使うのが一番よかったかなと思います。

クレートの中に大好きなおやつを入れて、中に入れればおやつが食べれるといった遊びをしていました。

また、おもちゃも「クレートの中にあるおもちゃを取ってきて〜」といった感じで行っていました。

最初は躊躇するのですが、しばらく遊んでいると慣れてきて自然と中に入れるようになります。

遊び感覚で慣れさせるのがコツかなと思います。


Point!

  • おやつやおもちゃを使って遊び感覚で楽しくトレーニングする
  • 徐々に慣れてくるのを待つ

安全であることを教える

お腹を出す犬
お腹を出す犬

これはわたしがととろさんに「安全だよ」ということを教えたくてやったことですが・・・。

わたし自身がクレートの中に入って見せてあげてました笑

「ほら、見て〜、なんにも怖くないよ〜」と教えていました。

どのわんちゃんにも通用するのかわかりませんが、ととろさんは素直なので「なんだ〜平気じゃん〜」と一緒に入ったりしていました。


Point!

  • 飼い主自身が体を張ってみるのもいいかも・・・?

クレートに入ることで楽しいところに行けると教える

楽しそうな犬
楽しそうな犬

クレートに入らなくなってしまった原因としてよくあるのが、初めてクレートでお出かけした先がわんちゃんの嫌いな場所だったというものです。

わんちゃんはクレートに入ると嫌なところに連れて行かれると学習してしまいます。

こうなるとなかなかクレートに入ってくれなくなります。

なので、初めてクレートでお出かけする時にはわんちゃんの好きなところに連れて行ってあげると良いです。


Point!

  • クレートでの初めてのお出かけはわんちゃんの好きなところへ
  • 嫌いな場所に連れて行くとなかなか入ってくれなくなる

ととろさんのクレートトレーニング動画

おすすめのクレート

おすすめのクレートをいくつか紹介します。

犬用クレート 折りたたみ式ソフトタイプ 76cm ブラック

折りたたみ式のクレートです。

ペットキャリーとしても使用可能です。

クレートって家に置いとくと結構場所とりますよね・・・。

そんなお悩みを解消してくれたのがこちらの商品ですね。

折りたたみ ペットキャリー ブラック/オレンジ 中型犬用

こちらは中型犬用の折りたたみ式クレートです。

かなりしっかりとした作りなので体の大きいわんちゃんでも安心して使用できます。

こちらも折りたたみが可能なので収納に困らなくて済みます。

リッチェル キャンピングキャリーダブルドア Mサイズ 小型犬・猫用 ライトピンク

こちらはピンクと茶色の色合いが可愛らしいクレートです。

正面と上の2箇所から出入りが可能です。

ベーシックな形のクレートですが見た目がとても可愛らしいので持ち運びも楽しくなりそうですね。

ととろさんはこのベーシックタイプのクレートを使っています。

まとめ

眠る子犬
眠る子犬

今回はクレートに慣れさせておくことのメリットや慣れさせる方法について紹介していきました。

クレートはいざという時に役に立つものです。

ぜひ、まだ使っていないという方はトレーニングからはじめてみてはいかがでしょうか?

Follow me!

お留守番も安心!犬をクレートに慣れさせる方法” に対して2件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    大変、参考になりました。今後にいかしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です