種類によって性格や運動量が違う!自分の生活スタイルにあった犬種の選び方

わんちゃんを家族として迎えたいと考えている方はなんの犬種にしようか迷うと思います。

今回はそんな悩みを解決するために犬種別の性格やどれくらい運動させたら良いかなどを紹介していきます。

わんちゃんとの生活が自分の目指していたものに近づけられるように犬種を選ぶのが重要です。

どんな生活スタイルを目指すのかを考える

まずは、わんちゃんを迎えた時にどんな生活スタイルを目指すのかをイメージしましょう。

のんびり過ごしたい

気持ちよさそうに寝るととろ
気持ちよさそうに寝るととろ

わんちゃんとのんびり過ごしたいなら、運動量が比較的少ない犬種を選ぶのが良いです。

また、性格が穏やかな犬種も良いでしょう。

愛玩犬と呼ばれるグループの犬種がおすすめです。


愛玩犬:キャバリア、シーズーなど


たくさんお出かけしたい

楽しそうな犬
楽しそうな犬

わんちゃんとたくさんお出かけをしたいと考えているなら遊びが好きな犬種がおすすめです。

また、運動量の多い犬種もお出かけすると喜びます。


活動的な犬種:ボーダーコリー、ジャックラッセルテリアなど


アジリティーなどを教えたい

ボールで遊ぶ犬
ボールで遊ぶ犬

アジリティーなどで大会に出たいならトレーニングが好きな犬種がおすすめです。

また、運動量もある程度多い犬種のほうが良いです。


トレーニング向きの犬種:ダックスフンド、ゴールデンレトリバーなど


なついてほしい

笑顔の犬
笑顔の犬

とにかくなついてほしいなら愛情表現が豊かな犬種を選ぶと良いです。

また、甘え上手な犬種もおすすめです。


愛情表現豊かな犬種:ビーグル、キャバリア、ラブラドールレトリバーなど


適度な距離感があったほうがいい

見つめる犬
見つめる犬

あまりベタベタせず、適度に距離感を保ちたいならマイペースな犬種を選ぶと良いです。

また、芯のある犬種もおすすめです。


マイペースな犬種:イタリアングレーハウンド、ジャックラッセルテリアなど


体のサイズは?

笑顔の犬たち
笑顔の犬たち

体のサイズも重要です。

小型犬が良いのか、大型犬が良いのか・・・。

賃貸に住んでいると大型犬はなかなか飼えないですよね。

賃貸でわんちゃんを飼いたいと考えている方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

室内飼いなのか屋外飼いなのか

気持ちよく寝る犬
気持ちよく寝る犬

室内で飼うのか屋外で飼うのかも犬種を選ぶ上で重要になってきます。

基本的に小型犬は屋外で飼うのは不可能です。

中型犬や大型犬でも室内飼いは珍しくなくなってきています。

屋外だと気温の変化が大きいのでわんちゃんの体に負担になってしまうからです。


  • 小型犬は屋外では飼えない
  • 中型犬や大型犬も室内飼いが増えている

犬種ごとの性格を知る

集合する犬
集合する犬

わんちゃんを家族として迎えた時にどのような生活を目指すかイメージできたかと思います。

ここからは犬種ごとの性格を紹介していきます。

ぜひ、どの犬種を飼うか決める際に活用してください。

犬種ごとの性格と希望の生活スタイル

性格とどのような生活スタイルがあっているかを表にしてみました。

分類を行う犬種

  • コリーは牧羊犬として活躍していたグループ
  • 運動量が多く、頭がいい
  • 撃ち落とした鳥を狩る鳥猟犬として活躍
  • 利口で優しい性格
  • 巣穴に潜り込んで狩りをする作業犬
  • 活発だが冷静沈着
  • 短い足を利用して地上と地下の狩りを行う
  • 素早い動きが特徴
  • 野ウサギなどを狩る
  • 臭いで狩りをする嗅覚ハウンド
セッター
  • 豊富なスタミナで狩りを行う
  • 優しく愛情深い性格
  • 狩りをせず家庭犬として飼育されてきた
  • 甘えん坊で遊ぶことが好き

この7つのグループのわんちゃん達の性格とそのわんちゃんに合った生活スタイルで分類していきます。


まずは運動量に関してです。

犬種による運動量の違い

体の大きい犬種や狩りを行っていた犬種は運動量が多い傾向にあります。

一方小型犬や愛玩犬はさほど運動量を必要としない傾向があります。

しかし、運動量が少なくてもお散歩は毎日欠かさず行く必要があります。


次にトレーニングが得意かどうかに関してです。

得意な犬種は積極的にしつけや芸を教えてあげると喜びます。

一方でマイペースに我が道を行くタイプの犬種もいます。


最後は愛情表現に関してです。

犬種による愛情表現の違い

人懐っこく甘え上手な犬種は性格も優しく穏やかな犬種が多いです。

また、どの犬種も飼い主に対する愛情はしっかり持っています。

適度な距離感を保ちつつも飼い主が大好きというわんちゃんはたくさんいますよ。


飼っている人に聞いてみるのも一つの方法!

飼い主とわんちゃん
飼い主とわんちゃん

実際にわんちゃんを飼っている人に話を聞くのが一番リアルな性格が知れる方法です。

どんなことを聞いたら良いのか紹介していきます。

聞いておくこと

聞いておくことは以下の通りです。


  • 運動量:1日どれくらい散歩しているのか
  • 日常ケア:被毛のケアやトリミングの頻度
  • しつけ:しつけのしやすさ
  • 攻撃性:他のわんちゃんや人に対して吠えたりするか
  • 食事量:1日どれくらい食事を与えているのか
  • 健康面での注意点:遺伝的に注意しなくてはいけない疾患があるのか

性格は個体にもよる

おやつを待つ犬
おやつを待つ犬

ここまで犬種によってどのような性格や傾向があるかを紹介してきました。

おおよそ紹介してきたような性格であることが多いです。

しかし、育ってきた環境や個体によって性格は異なります。

迎え入れようとしているわんちゃんがどんな性格なのかをしっかり見極める必要があります。

まとめ

笑顔の犬
笑顔の犬

今回は犬種における性格やその犬種にあった生活スタイルを紹介していきました。

子犬をみると可愛くて衝動的に「飼いたい!」と思ってしまうことが多いと思います。

しかし、わんちゃんを迎える前にどのような性格でどのような生活スタイルを目指すのかをイメージしましょう。

そして、そのイメージに近づけそうな犬種を選ぶようにしましょう。

ペットの悩みは同じ犬種の体験談で解決しよう!

「愛犬の困った!」は同じ犬種を飼っている人の体験談で解決するのがおすすめです。

ペットの悩み解決掲示板【DOQAT】

同じ犬種だから似たような悩みを持っている人がいます!

同じ犬種だからどのように解決したのか良くわかる!

Follow me!

種類によって性格や運動量が違う!自分の生活スタイルにあった犬種の選び方” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。私は今まで女の子の犬としか生活した事がないのですが今後の参考にしたいと思いますけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です