どこで買うのが正解?犬の入手先を選ぶポイントを解説!

これからわんちゃんを家族として迎えたいと考えている方はどこで購入するのが良いか迷いますよね。

今回は購入先を見極めるポイントを紹介していきます。

購入先によって様々な特徴がありますので、一番信頼できると思ったところでわんちゃんを迎えると良いです。

入手先を見極めるポイント

コーギー
コーギー

入手先を見極めるポイントを紹介していきます。

これから紹介するポイントをクリアしていないところでの購入は慎重にしましょう。

法律に沿っているか

法律

わんちゃんを販売するには動物愛護管理法というものに従う必要があります。

この法律にきちんとしたがってわんちゃんを販売しているところには「第一種動物取扱業」というものに登録しているはずです。

この登録がきちんと行われているところを選ぶようにします。


Point!

  • 動物愛護管理法に基づいて販売しているか
  • 第一種動物取扱業に登録しているのが確認できるか

飼育環境が適切か

退屈そうな犬
退屈そうな犬

次に見極めるポイントは飼育環境が適切かどうかです。

食事は決まった時間に与えられ、置きっぱなしになっていないか。

トイレはすぐに片付けられているか。

飼育している人の動物の扱いが適切かなどを確認します。

特に寝床が汚れていたり、ご飯の放置がみられる場合には注意しましょう。


Point!

  • ケージ内は清潔に保たれているか
  • ご飯の放置はないか
  • 飼育員の動物の扱いにも注意する

販売している人に質問してみる

はてな
はてな

販売している人や飼育している人に質問してみるのも見極めるポイントになります。

質問に対してきちんとした回答が返って来れば安心ですよね。

反対にあやふやな回答の場合は注意しましょう。

ちなみにととろさんを購入する時にはとにかく質問しまくりました。

どんな性格なのかやキャバリアの特徴、病気になりやすいのかなどなんでも質問しました。

その時の担当の方は本当に犬が好きな方だったようでなんでも教えてくれました。

たまにお店に伺いに行くと「あ!ルビーちゃん!(名前はととろですが毛色がルビーなので)」と覚えててくれます。


Point!

  • 販売員や飼育員になんでも質問する
  • きちんとした回答が返って来れば安心

親犬の情報があるか

寝ている子犬たち
寝ている子犬たち

親犬の情報があるかどうかも確認したほうが良いです。

掲示されていなくても販売員の方や飼育員の方に聞いてみてどんな子か教えてもらえれば大丈夫です。

親犬の情報がわからないようだったらきちんと管理がされていない可能性があるので注意しましょう。

また、子犬は親犬の特徴を引き継ぎやすいので将来どんなこになるのかイメージしやすくなります。

ちなみに、ととろさんは両親共4キロ程度の小さな親犬から生まれたのですが、本人は8キロを超えています・・・。

必ずしも引き継ぐわけではないようですね・・・。


Point!

  • 親犬の情報を確認する
  • 子犬の将来がイメージしやすくなる(例外もあります。)

犬の主な入手先の特徴と注意点

虫眼鏡
虫眼鏡

わんちゃんを迎える際の主な入手先を紹介します。

また、それぞれの特徴と注意点を解説していきます。

どこから入手するか検討してみてください。

ブリーダー

眠る子犬
眠る子犬

わんちゃんの繁殖から販売までを行っているブリーダー。

飼いたい犬種専門のブリーダーさんを探して購入するのも良いです。

また、親犬や他の子犬の状態なども確認できるのがおすすめのポイントです。

飼育環境や育てている人がどんな人なのかを直接確認できるのも安心できますよね。


注意点

ブリーダーさんから購入する際に気になるのが値段です。

血統によっては非常に高額になることがあります。

上手に交渉をすることが大切です。

また、近年悪質ブリーダーなどもいるようなので気をつけましょう。


ペットショップ

子犬

ペットショップは自分の気に入った子がいればその日に契約し連れて帰ることができます。

また、わんちゃんを飼うにあたって必要になるものなども一気に揃えられるので便利です。

わんちゃんを飼うにあたって必要なものはこちらで紹介しています。

一方で飼いたい犬種になかなか出会えないということもあります。

(わたしはキャバリアのブラック&タンに出会いたい。)


注意点

飼育環境や健康状態が管理されていないところもあるのできちんと見極めましょう。

獣医さんと連携しているかや何かあったときのアフターケアなどがきちんとあるかどうかも確認しておきましょう。


仲介業者

フセをする犬
フセをする犬

飼いたい犬種をインターネットで探すことがあると思います。

その際にブリーダーとわんちゃんを探している人の間に入るのが仲介業者です。

希望の条件で探してくれるので入手先を探す手間がなくなります。

一方で仲介手数料がかかってくるので値段が割高になります。


注意点

仲介業者を利用する際には実績などをきちんと調べてから利用するようにしましょう。


一般家庭

おやつを待つ犬
おやつを待つ犬

一般家庭から迎えるケースもあります。

どのように飼育しているのかや親犬、子犬の状態を確認できます。

また、直接話を聞けるのも嬉しいポイントです。


注意点

ブリーダーではないため専門的な知識がないまま繁殖されているケースもあります。

なぜ、繁殖したのかを確認するようにしましょう。

また、値段は事前に相談し決定しておくことでトラブルがなくなります。


譲渡会

挨拶をする犬
挨拶をする犬

保護犬などを譲渡する会のことを譲渡会と言います。

わんちゃんを飼うことができるかどうかの審査を受けることがほとんどです。


注意点

どのように育ってきたのかをきちんと説明してくれる団体を選びましょう。

また、厳正な審査を行っている団体を選ぶことも重要です。


成犬、保護犬を迎える時にした方が良いこと

キャバリア
キャバリア

わんちゃんを家族として迎える際に、子犬ではなく成犬や保護犬を迎えることになったら確認しておきたいことがあります。

犬の履歴を公開してもらう

笑顔の犬たち
笑顔の犬たち

成犬や保護犬を迎える際には生まれてから現在に至るまで、どのように育ってきたかを知る必要があります。

この生まれた時から現在までの飼育経歴を犬の履歴と言います。

また親犬の情報も犬の履歴にあたります。

犬の履歴はわんちゃんの性格を形成する重要なものになります。

また、保護犬の場合にはつらい過去を経験している可能性もあります。

そういったこと知っていれば接し方も変わってくるはずです。

必ず犬の履歴は公開してもらうようにしましょう。


Point!

  • 生まれてから現在に至るまでの飼育経歴を犬の履歴という
  • 犬の履歴はわんちゃんの性格形成に関わる

まとめ

笑顔の犬
笑顔の犬

これからわんちゃんを迎えたいと考えている方はどこから迎えるかを見極める必要があります。

今回紹介したポイントを確認して信頼できる入手先を見つけましょう。

わんちゃんとの素敵な出会いがあることを祈っています。

(わたしもキャバリアのブラック&タンに出会えますように・・・・。)

これからわんちゃんを迎える方におすすめ!



子犬と楽しく学べるお楽しみBOX【こいぬすてっぷ】

子犬を家族として迎えたけどちゃんとしつけが出来るか心配・・・・。

そんな方におすすめなのがこいぬすてっぷ。

獣医さんが監修した楽しく遊びながらトレーニングができるボックスです。

初心者の方でも安心してしつけが出来るようにトレーニングブックもついています。

ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか?

Follow me!

どこで買うのが正解?犬の入手先を選ぶポイントを解説!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考にさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です