後悔しないために!初心者が犬を飼う前に準備すべきことや心構えを徹底解説

犬を飼うにはどんな準備が必要なんだろう?

わたしでも犬を飼えるかな…?

こんな悩みを抱えている方にぜひ読んでいただきたい内容になっています。

これからわんちゃんを迎えようと考えている方のためにわんちゃんを飼うにあたっての事前準備や心構えをわかりやすく紹介していきます。

犬を迎える前に考えなくてはいけないことと心構え

お散歩する人たち
お散歩する人たち

子犬を見ると可愛くて欲しくなってしまいますよね。

未だにわたしも「この子犬連れて帰ろうかなあ」と衝動的に思ってしまうことがあります。

しかし、わんちゃんを迎える前に考えなくてはいけないことがあります。

まずは、わんちゃんを飼えるのかしっかり考え、心構えを理解する必要があります。

では、考えなくてはいけないこととどんな心構えをしたら良いのかを解説します。

経済的に余裕はあるか

お金
お金

まずはお金の問題です。

わんちゃんを飼うのにはお金がかかります。

わんちゃんにかかるお金は最初だけでなく継続的に食事代や医療費もかかってきます。

アニコムの調査によると年間約30万円〜40万円ほど費用がかかると言われています。

医療費は怪我や病気だけでなく、年に一回の予防接種やノミ・ダニの予防、フィラリアなどの費用もかかります。

予防接種について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

さらに、被毛の手入れが必要なわんちゃんはトリミングやシャンプーも定期的に行う必要があります。

こういった費用を払っていく経済的な余裕があるかを考えなくてはいけません。


Point!

  • 犬を飼うのには年間30万円〜40万円かかる。
  • 食事代以外にも医療費やトリミング代が継続的にかかる。

時間的に余裕はあるか

時計
時計

次に時間的に余裕があるかどうかも考えなくてはいけません。

特に子犬を迎える場合には時間的に余裕がないと難しいです。

子犬は食事の回数も1日3〜4回と多いですし、トイレも頻繁にします。

また、1歳になるまでにどのように過ごしたかでわんちゃんの性格が決まってくると言われています。

子犬の時期はたくさん触れ合う時間を作り、色々な経験をさせてあげることが大切です。

こういったことがきちんと行える時間があるかを考える必要があるのです。

また、成犬でも長時間の留守番はできるだけ控えるようにしましょう。

長時間の留守番は精神的な負担が大きいです。


Point!

  • 子犬は食事やトイレの回数が多いのでこまめに世話する必要がある。
  • 成犬でも長時間の留守番は精神的負担がかかる。

一人暮らしでわんちゃんを迎えたいと思っている方はこちらに記事も参考にしてみてください。

どのような生活リズムになるのかを紹介しています。

今後の生活での変化があるか

笑顔の犬
笑顔の犬

今後の生活で変化があるかどうかも考えます。

例えば、転勤や引越しがあるかもしれない。

結婚や出産する予定があるなどです。

そういった人生のイベントがあったときにわんちゃんがいても大丈夫なのかを考えます。

「転勤や引っ越しでペット不可の物件になってしまったのでゆずります。」という里親募集をよく見かけます。

また「出産で飼育が困難なのでゆずります。」という里親募集もあります。

このようなことはわんちゃんにとって嬉しいことでしょうか?

きっと一緒に過ごしていた家族と離れるのはとても悲しいことだと思います。

もし、こういったことで飼えなくなってしまう可能性があるのならわんちゃんを飼うのはやめたほうがいいです。

最後まで責任を持つことが大切です。


Point!

  • これからの人生でどんなイベントがあるか考える。
  • 最後まで一緒に過ごせないなら飼わない。

最後まで愛情を注げるか

飼い主とわんちゃん
飼い主とわんちゃん

もっとも大切なのは最後まで愛情を注いであげられるかです。

わんちゃんを飼うのは楽しいことばかりではありません。

嫌なことや悲しいこと、辛いことだってたくさんあります。

高齢になれば介護も必要になってきます。

こういった困難も乗り越えて大切にしてあげられる自信がないのなら飼うのはやめましょう。


Point!

  • わんちゃんを飼うのは簡単なことではない
  • どんなことがあっても最後まで大切にしてあげる
  • 困難も多いけど幸せもいっぱいあるよ。

犬を迎えるまでに準備すること

散歩する犬
散歩する犬

わんちゃんを迎える心構えができたら必要なものを準備します。

必ず準備しておきたいものを紹介していきますので参考にしてみてください。

準備するもの

笑顔の犬
笑顔の犬

準備するものは以下の通りです。


  • クレート
  • ケージ、サークル
  • トイレ、ペットシーツ
  • 給水器
  • ご飯入れ
  • フード
  • リード、首輪、ハーネス
  • おもちゃ
  • 日常ケアグッズ
  • タオル
  • お散歩グッズ

クレート

クレートはわんちゃんがゆっくり休むための寝床になったり、移動の時に使用します。

こちらの記事でいくつか紹介しています。

ケージ、サークル

わんちゃんのお家です。

お留守番をしてもらうときなどはケージやサークルに入れておくと安心です。

成犬になった時に窮屈でないものを買いましょう。

アイリスオーヤマ ルームケージ ミルキーブラウン RKG-700L (68cm×53cm)

キャスター付きのケージです。

移動が楽チンなので掃除もしやすいですね。

ペティオ (Petio) トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル ブラウン スモール

トイレが別で分かれているケージです。

わんちゃんは綺麗好きなので自分の寝床が汚れるのを嫌がります。

このケージなら寝床は汚れないのでわんちゃんも喜びそうです。

ペットサークル 大型犬用 中型犬用

こちらはサークルです。

形が自由に変えられます。

体の大きいわんちゃんはケージよりもサークルのほうがのびのびできるかもしれませんね。

トイレ、ペットシーツ

室内飼いならトイレを設置する必要があります。

ペットシーツはこちらの記事で紹介しています。

ペティオ (Petio) フレームが外せる お手入れ簡単メッシュ付き犬用トイレ レギュラー

一般的なトイレはこんな感じです。

メッシュが付いているのでペットシーツをビリビリにしてしまう心配がありません。

リッチェル しつけ用ステップ L型トレー レギュラー ダークブラウン

マーキングや足を上げておしっこする子用にL字型のトイレもあります。

フード

フードはわんちゃんを購入したところでは何を与えていたのか聞いておくと良いです。

いきなり違うものを与えるとお腹を壊したり嘔吐してしまうことがあります。

また、アレルギーなどにも注意しましょう。

グレインフリー・チキン生肉とサーモンをたっぷり使用!
プレミアムドッグフード『モグワン』

栄養バランスの取れた食事をあげたいならこちらがおすすめです。

チキンやサーモンをメインに使用しているのでわんちゃんも喜びます。

リード、首輪、ハーネス

お散歩で必要になってきます。

リードは長さやパワーを考えて購入します。

首輪やハーネスについてはこちらの記事で紹介しています。

おもちゃ

わんちゃんのストレス発散やお留守番にも役に立ちます。

犬用の安全なものを選ぶようにします。

おもちゃの選び方はこちらの記事からどうぞ。

日常ケアグッズ

日常ケアグッズとは歯ブラシやコームなどです。

歯磨きは歯周病の予防になるので毎日行いたいですね。

愛犬の口臭トラブルに【ドクターデンタルワン】

毎日歯磨きするのは難しいという方はドクターデンタルワンでケアするのもおすすめです。

また、わんちゃんは毛の手入れが必要です。

被毛の手入れはこちらの記事で詳しく紹介しています。

お散歩グッズ

お散歩グッズは給水器とうんち袋とウェットティッシュなどが必要です。

必ずうんちは持ち帰り、おしっこは水で流すようにします。

お散歩マナーに気をつけましょう。

サンテックオプト ペット用ウンチ処理袋ポイ太くん 200枚入り

ととろさんもポイ太使ってます。

大容量なのでお得ですよ。

環境づくり

メガネをかけた犬
メガネをかけた犬

わんちゃんが安心して過ごせる環境づくりも大切です。

以下のことに注意しましょう。


  • 危険物は置いていないか。
  • 植物は万が一かじっても大丈夫か。
  • コンセント、コードはいたずらされないか。
  • ゴミ箱には蓋が付いているか。
  • ドッグゲートをつけよう。

危険物

かまってほしい犬
かまってほしい犬

わんちゃんにとって危険なはさみやカッターなどは置いていないですか?

また、机の上の食べ物にも注意しましょう。

キシリトールの入ったガムなどはわんちゃんの体に悪影響を及ぼします。

植物

植物
植物

観葉植物などを自宅に置いている場合にはかじられないようにしましょう。

スズランやチューリップ、アサガオなどは有害です。

また、鉢に入った土もいたずらされないようにカバーなどをつけましょう。

コンセント、コード

コンセント

コンセントやコードはかじって感電の恐れがあります。

カバーをつけたりコードは見えないところにしまうなどしましょう。

ゴミ箱

ゴミ箱

ゴミ箱もわんちゃんはあさりたがります。

蓋のついたものにするか、わんちゃんの届かないところに設置するようにしましょう。

ドッグゲート

止まれの標識
止まれの標識

キッチンや玄関など入ってはいけないところにはゲートをつけます。

キッチンは包丁やコンロなど危険なものが多いです。

また、拾い食いなどの危険性もあります。

玄関はわんちゃんが外に飛び出してしまうのを防ぎます。

犬を迎えた日の過ごし方

笑顔の犬
笑顔の犬

最後にわんちゃんを迎えた日はどのように過ごしたら良いのかを紹介していきます。

かまわず静かに

気持ちよく寝る犬
気持ちよく寝る犬

初日は可愛くてかまってしまいたくなりますよね。

しかし、わんちゃんも新しい環境で戸惑っています。

まずは環境に慣れさせるためにもそっとしておいてあげましょう。

移動などで疲れ切っているはずなのですぐに寝てくれると思います。

翌日からはいっぱい遊んであげてくださいね。


Point!

  • 迎えた当日はそっとしておく
  • 次の日からたくさん遊ぼう!

食事は食べ慣れたものを

ドッグフード
ドッグフード

食事は食べ慣れたものを与えるようにします。

先ほども少しお話ししましたが、購入先では何のドッグフードを与えていたのか聞いておきます。

違うものを与える際には以前のものと混ぜて徐々に切り替えていきます。


Point!

  • 購入先でドッグフードの種類を聞いておく
  • 切り替えは徐々に行う

クレートなどで休ませる

寝ている犬
寝ている犬

わんちゃんは暗くて狭いところが安心するという習性があります。

休ませるときにはクレートを使用すると良いです。

また、子犬の頃からクレートに慣れさせておくと災害時などにもスムーズに避難できます。


Point!

  • わんちゃんは暗くて狭いところが安心する
  • クレートに慣れさせておくと便利

まとめ

子犬
子犬

わんちゃんを飼うことはたくさんのお金と時間が必要です。

また、様々な困難もあります。

しかし、とても楽しく幸せな時間になることも事実です。

ぜひ、わんちゃんとの暮らしが幸せなものになるように準備をしてください。

子犬を迎える方におすすめ!

初めて犬を飼う方お勧め獣医監修【こいぬすてっぷ】

獣医さんが監修した遊びながらトレーニングのできるボックスです。

成長段階に合せたトレーニング内容になってるので楽しくしつけができます。

初心者でもわかりやすいトレーニングガイドブックも付いているので安心です。

ぜひ、活用してみてください。

Follow me!

後悔しないために!初心者が犬を飼う前に準備すべきことや心構えを徹底解説” に対して2件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です