お散歩で後ろ足を鍛えよう!犬の老化を防止する方法

わんちゃんと暮らしていればいつか老化する時がやってきます。

その老化をできるだけ進行しないようにする方法を紹介します。

いつまでもわんちゃんと幸せに暮らせるように、ぜひチャレンジしてみてください。


この記事はこんな人におすすめ

  • 愛犬の老化が気になってきた
  • 犬の老化現象について知りたい!
  • 犬の老化防止する方法を知りたい!
  • いつまでも愛犬と幸せに過ごしたい

犬の老化現象とは?

近年、飼育環境の改善やドッグフードの品質向上によりわんちゃんの寿命は伸びてきています。

寿命が伸びたことで老化現象がよくみられるようになりました。

では、老化現象とはなんでしょうか?

認知症になる犬は増えている

横になる犬
横になる犬

老化現象の代表的な例は認知症です。

わんちゃんの寿命が延びたことで認知症を発症することが多くなりました。


認知症で現れる行動

  • トイレを失敗するようになる
  • 一点をぼーっと見ている
  • 狭い場所に入りたがる
  • よく食べるようになる
  • 後ろに下がったり方向を変えることができなくなった

認知症は上記のような行動の変化が起きます。

特に13歳以上のわんちゃんは発症率が高いです。

一方でいくつになっても発症しないわんちゃんもいます。

早期発見のために普段からわんちゃんの様子をチェックしてあげてください。

犬の老化を防止する方法

笑顔の犬
笑顔の犬

老化現象の代表例として認知症について紹介しました。

では、どのようにして老化を防止したら良いのでしょうか?

簡単にできる方法ばかりなので参考にしてみてください。

お散歩は坂道を登る

お散歩している犬
お散歩している犬

お散歩は坂道を登るようにしましょう。

坂道を登ることで後ろ足を鍛えることができます。

後ろ足には大きな筋肉があるので、その筋肉を積極的に使います。

筋力の維持は健康の維持に繋がりますので、坂道を登るのは大変ですが一緒に頑張ってみましょう!


Point!

  • 坂道を登って大きな筋肉を鍛える
  • 筋力の維持は健康の維持につながる

お散歩コースを変える

お散歩する人たち
お散歩する人たち

お散歩コースをいつもと違うコースにするのもおすすめです。

違うコースにすることで新しい刺激を得ることができます。

毎日同じ刺激しか受けていないわんちゃんは老化が早まってしまう可能性があると言われています。

また、お散歩しながら声をかけてあげることで聴覚の老化防止にもつながります。

わんちゃんとのお散歩をお話ししながら楽しく行ってみてください。


Point!

  • お散歩コースを変えることで新しい刺激になる
  • 同じ刺激しか受けていない犬は老化が早まる可能性

歩けないわんちゃんは?

歩くことが難しいわんちゃんはペットカートやキャリーに入れてお散歩するだけでも十分です。

家の中にこもっているよりも外の空気を楽しめるのはわんちゃんにとって嬉しいことです。

ラグジュアリーペットカートの先駆者でありトップランナー【天使のカート】

新しいことにチャレンジする

水遊びをする犬
水遊びをする犬

あたらしいことにチャレンジするのも老化防止につながります。

例えば、新しく芸を覚えさせてみてもいいですよね。

芸を覚えるのには脳を使います。

脳を使うことで老化の防止につながります。

覚えるのには時間がかかるかもしれませんが、ゆっくりやっていきましょう。

できたらいっぱい褒めてあげてください。


Point!

  • 新しいことにチャレンジすることで老化を防止できる
  • 脳を使うようにするのがおすすめ
  • 歳を取っても褒められるのは嬉しい

共に過ごす時間を増やす

眠る子犬
眠る子犬

共に過ごす時間は今まで以上に増やしてあげてください。

老化はわんちゃん自身も感じています。

そして老化を感じることで不安になることもあります。

その不安を少しでもなくしてあげるには飼い主がそばにいてあげることが重要です。


Point!

  • 犬自身も老化を感じて不安になる
  • 飼い主が不安を取り除いてあげることが大切

老化防止効果の期待出来る成分を摂る

食材
食材

老化防止効果の期待出来る成分を摂取することも老化防止につながります。


老化防止が期待出来る成分

  • オメガ3脂肪酸
  • 動物性たんぱく質
  • コンドロイチン・グルコサミン
  • プロバイオティクス

オメガ3脂肪酸

サーモン
サーモン

オメガ3脂肪酸とはDHAやEPAと呼ばれるものです。

マグロやサケ、サンマなどに多く含まれています。

また、犬用のサプリメントも販売されています。

DHA×EPAでシニア犬をサポート【毎日一緒】

初回購入は半額なので試してみるのもいいかもしれません。

動物性たんぱく質

鶏肉
鶏肉

動物性たんぱく質は体の筋肉をつくってくれる成分です。

筋肉は身体を支えるのに重要な役割を果たします。

また、体の熱を作り出しているのも筋肉です。

鶏肉や乳製品などで動物性たんぱく質を補うことが大切です。

コンドロイチン・グルコサミン

サプリメント

コンドロイチン・グルコサミンは軟骨を形成するのに重要な役割を果たす成分です。

軟骨は一度壊れてしまうと新しく作られることはありません。

そのため、もともとある軟骨を健康に維持することが重要です。

関節などが弱って歩けなくなってしまうと一気に老化してしまうので積極的に摂取していきたい成分です。

こちらもサプリメントで補うのがおすすめです。

獣医師が認めた犬用関節サプリ【毎日散歩】

プロバイオティクス

ヨーグルト
ヨーグルト

プロバイオティクスとは腸まで生きて届く乳酸菌のことです。

老犬になると下痢やお腹の調子が悪くなってしまうことが多くなります。

お腹の調子を整えるのにプロバイオティクスが有効です。

ヨーグルトやチーズ、納豆などに含まれているので食事にプラスするのも良いですね。

プロバイオティクスについてはこちらの記事でも紹介しています。

まとめ

ボールで遊ぶ犬
ボールで遊ぶ犬

いかがでしたでしょうか?

わんちゃんは私たちよりも早く歳をとり、早く老化してしまいます。

しかし、老化を防ぐ方法はいくつもあります。

ぜひ、今回紹介した方法を試してみてください。

歳をとっても幸せに過ごせるように今のうちから老化防止に努めましょう!

Follow me!

お散歩で後ろ足を鍛えよう!犬の老化を防止する方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. 本屋敷 晋 より:

    勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です