腸内環境が関係する?犬の体臭が臭くなる原因と対策を紹介

犬の体臭が気になることありませんか?

犬の体臭が臭くなる主な原因は腸内の細菌のバランスが崩れているからなんです。今回はそんな体臭を改善するために腸内細菌のバランスを整える方法や食べ物を紹介していきます。

腸内環境を整えておくことで年を重ねても体臭が臭くなりにくいので、若いうちから対策しましょう。


この記事はこんな人におすすめ!

  • 愛犬の体臭が気になる
  • 体臭を改善する方法が知りたい
  • 腸内環境の改善ができる食べ物が知りたい

体臭が臭くなる原因

体臭が臭くなる原因は腸内の細菌のバランスが崩れてしまうためです。

では、なぜ腸内の細菌のバランスが崩れてしまうのでしょうか?

歯石が溜まっている

歯磨き
歯磨き

食べカスが歯に残っていると歯垢になります。この歯垢をさらに放置してしまうと歯磨きなどでは取ることのできない歯石になってしまいます。

この歯石が溜まってしまうと腸内細菌のバランスが崩れます。

歯石が溜まっている口内は細菌のバランスが崩れ放題です。

腸内細菌と口内細菌は同じバランスであると言われているので、歯石が溜まった口内だと腸内の細菌のバランスも崩れてしまうのです。

これによって腸内環境が悪くなり、体臭が臭くなってしまうんです。


Point!

  • 歯石が溜まると口内細菌のバランスが崩れる
  • 口内細菌のバランスが崩れると腸内細菌のバランスも崩れる
  • 腸内環境が悪くなると体臭が臭くなる

内臓に病気がある

動物病院にいる犬
動物病院にいる犬

腸内環境には関係がないですが、内臓に病気があると体臭が臭くなることがあります。

特に腎臓が悪くなっていると体の中の老廃物や毒素を分解できないため、体内に溜まってしまいます。これによって体臭が臭くなることがあります。


Point!

  • 内臓疾患で体臭が臭くなることがある
  • 腎臓が悪くなると毒素が体内に溜まってしまうため体臭が臭くなる

体臭を治すには腸内環境改善!

見つめる犬
見つめる犬

体臭の原因が腸内細菌のバランスであることがわかりました。

腸内細菌のバランスとはどういうことかというと、腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。この2つの細菌のバランスを整える必要があるんです。

悪玉菌が優勢になってしまうと腸内環境が悪化し、体臭が臭くなってしまいます。

このため善玉菌の働きを活発にしたり、悪玉菌よりも優位に働いて悪玉菌の悪さを抑える必要があるのです。

腸内細菌のバランスを整える方法は善玉菌を増やすような食べ物を積極的に摂取したり、善玉菌を活発にする成分を摂ることです。

善玉菌を増やす食べ物

ヨーグルト
ヨーグルト

<直接食べて増やす>

腸内細菌でよく聞くのは乳酸菌ですよね。乳酸菌は善玉菌の1つです。乳酸菌はヨーグルトサプリメントから摂取することができます。

<腸内環境を改善して増やす>

菌を増やすには腸内の環境の改善も必要です。腸内環境の改善には食物繊維が有効です。

食物繊維が豊富に含まれる食べ物はカボチャサツマイモです。糖分や肥満が気になるわんちゃんはキャベツも食物繊維豊富なのでおすすめです。

善玉菌を活発にするにはオリゴ糖

腸内に存在している善玉菌を活発にすることで腸内環境を改善することができます。

善玉菌を活発にするにはオリゴ糖が良いです。オリゴ糖は善玉菌の栄養になるので、善玉菌の働きを活発にすることができます。

ネルソンズドッグフードはドッグフードでは珍しい2種類のオリゴ糖を含んでいます。

まとめ

見上げる犬
見上げる犬

犬の体臭が臭くなってしまう原因は腸内環境にあることがわかっていただけたかと思います。

将来、体臭が臭くなってしまわないためにも今から腸内環境を整える習慣をつけておくことが大切ですね。

ちなみに、腸内環境が改善されると口内細菌のバランスも整うため、口臭も改善されることがあるそうですよ。

Follow me!

腸内環境が関係する?犬の体臭が臭くなる原因と対策を紹介” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です