【体験レビュー】犬の早食いを防止する器は本当に効果があるのか?上手な使い方と器を選ぶポイントを紹介

犬って食べるの早いですよね。我が家の犬たちもとっても早いです。

しかし、犬の早食いは消化不良を引き起こしたり胃が拡張してしまうこともあるんです。

今回はそんな早食いを防止する食事用の器を実際に使用してみた感想や評価を紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね。


この記事はこんな人におすすめ!

  • 愛犬の早食いをやめさせたい
  • 早食い防止器の効果を知りたい
  • どんな早食い防止器が良いのか、選び方を知りたい

早食いをする理由

おすわりする犬
おすわりする犬

野生の動物たちは常に食料の奪い合いをして生き延びています。犬もそのようにして生きてきました。

そのため、食べ物をいかに早く多く食べられるかが生きるのに重要だったのです。このような習性が犬に備わっているため早食いをしてしまうと考えられます。

また、早食いは多頭飼いの方がひどくなる傾向にあります。

一緒に暮しているわんちゃんでも、食べ物を奪われるのではないかという警戒心が生まれるからです。多頭飼いの場合には別々の部屋でご飯を食べさせるようにするなどの対策をすると良いですよ。


Point!

  • 野生の動物は早く多く食べるのが重要だった
  • 多頭飼いの方が早食いになりやすい

早食いはなぜ良くない?

そもそも早食いはなぜ良くないのでしょうか?

理由は喉に詰まらせてしまったり、消化不良になってしまうことがあるからです。

フードを丸呑みしてしまう

ドッグフード
ドッグフード

早食いをするわんちゃんはフードを丸呑みしている可能性があります。

フードを丸呑みすると喉に詰まらせて呼吸困難に陥ることもあります。また、消化するのも大変になってしまうので消化不良を引き起こし嘔吐してしまうこともあります。


Point!

  • 丸呑みは呼吸困難や消化不良を引き起こすことがある
  • 消化不良は嘔吐の原因にもなる

歯周病になりやすくなる

ブラシをくわえた犬
ブラシをくわえた犬

早食うのわんちゃんは噛む回数が少ないので唾液が分泌されにくいです。

人間でもそうですが唾液は口の中の食べカスなどをきれいに洗い流してくれる効果もあるので、噛む回数が少ないのは歯周病などのリスクを上げてしまうのです。


Point!

  • 早食いは噛む回数が少なくなる
  • 唾液の分泌量が少ないと歯周病になりやすくなる

胃拡張や胃捻転を引き起こす

お腹の痛み
お腹の痛み

早食いによって空気も一緒に飲み込んでしまうと、胃が膨らんで拡張してしまいます。これを胃拡張と言います。

胃拡張の状態で激しい運動などを行ってしまうと、胃がねじれてしまう胃捻転という状態になることがあります。

胃捻転は命に関わる重大な病気です。短い時間で重症化してしまうので非常に危険な病気です。


Point!

  • 空気などを飲み込んで胃が膨らむことを胃拡張という
  • 胃がねじれることを胃捻転という
  • 胃拡張すると胃捻転を起こしやすい
  • 胃捻転は命にも関わる重大な状態

早食い防止器を使ってみた!

早食い防止器を使うととろ

早食いの危険性を紹介していきました。

そんな早食いを防止するのに有効な器があるということで、実際に我が家の早食い犬ととろさんに試してもらいました。

Outward Hound (アウトワードハウンド) 早食い防止 スローフィーダー

ととろさんが今回使用したのは、アウトワードハウンドの早食い防止器です。円が何重にもなっています。

また、ところどころ円の高さが低くなっているところがあるのでフードが内側の円から外側の円に移動したりします。

早食い防止器を使うととろ
早食い防止器を使うととろ
早食い防止器を使うととろ
早食い防止器を使うととろ
早食い防止器を使うととろ
早食い防止器を使うととろ

かなり食べるのに時間がかかっています。また、円を描いているタイプだとととろさんもくるくる移動して食べています笑


感想と評価

  • いつもより食べるの時間がかかるので早食い防止にはなっていた
  • 円を描いているタイプはくるくる回って食べていた
  • 犬にとっては食べづらいのでストレスを感じるかもしれない
  • 器の溝に一生懸命顔を押し付けるのでフローリングだと滑ってしまうかも

普通の器に比べると早食い防止効果はあったと思います。いつもは1分かからないくらいで食べてしまうととろさんですが、早食い防止器を使うと5分くらいはかかります。

ただ、犬にとっては食べづらさを感じるものなのでストレスがかからないかの心配はあります。特にフローリングや滑りやすいところで食べさせると、どんどん器が動いてしまって尚更食べづらいと思います。

滑らないように工夫してあげることで、余計なストレスをかけずに早食い防止することができると思います。

早食い防止器を選ぶポイント

犬の食器
犬の食器

早食い防止器を選ぶポイントはサイズデザインです。

サイズは1回分の食事が入るサイズを選ぶ必要があります。普通の器に比べると大きさの割にご飯が入らないのでいつもより大きいサイズにした方が安心できます。

デザインは可愛いデザインからととろさんが使っているようなデザインのものまで様々です。犬の足の形が付いたデザインなんかも可愛らしいです。

しかし、洗いやすさを考えた時にあまりにも溝が細かったり、複雑だと大変です。溝がきれいに洗えていなくて雑菌が湧いてしまっても嫌ですよね。

ととろさんが使用しているアウトワードハウンドの早食い防止器はデザインがシンプルなので洗いやすいですし、溝が滑らかなので汚れを落としやすいです。

まとめ

笑顔の犬
笑顔の犬

早食いは命が危険にさらされる可能性がある行動です。

早食い防止器を使用してゆっくり食べる習慣を身につけることで、呼吸困難や消化不良、胃捻転のリスクは減っていきます。

ぜひ、早食い防止器を上手に活用してみてくださいね。

関連記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です