愛犬のために良いものを見極めよう!ドッグフードの正しい選び方と原材料の効果について

犬の健康に大きな影響を与えるドッグフード。

たくさん種類が出ていてどれが良いのかわからないという方も多いはずです。

今回はそんなお悩みを解消するために、ドッグフードの正しい選び方とお悩みによってどのような原材料が使われているドッグフードを選ぶと良いかなどを紹介していきます。

ぜひ、愛犬に合ったドッグフードを選んであげてくださいね。


この記事はこんな人におすすめ!

  • どんなドッグフードを選んだら良いかわからない
  • 原材料の効果を知りたい
  • お腹に優しいドッグフードが知りたい
  • 関節を強くしたい
  • 皮膚や毛質に不安がある
  • 安全性の高いドッグフードを選びたい
  • 愛犬に合っていないドッグフードの見分け方を知りたい

ドッグフードの正しい選び方

ドッグフードの正しい選び方
ドッグフードの正しい選び方

愛犬に合った良いドッグフードを選ぶには与える前にチェックしておきたいことが5つあります。

  1. 主原料が何かを確認する
  2. たんぱく質の品必質を確認する
  3. 必須脂肪酸が含まれるか確認する
  4. 安全性に信頼があるか
  5. 総合栄養食と記載されているか確認する

以上の5つを購入する際には確認すると良いドッグフードなのかを見極めることができるようになります。

主原料を確認する

ドッグフードのパッケージは必ず原材料の記載があるはずです。

原材料は多いものから順番に書かれています。

原材料と成分表
原材料と成分表

こちらの画像は【ネルソンズ】ドッグフード の原材料と成分表です。

一番最初に書いてあるのはチキンですね。つまり、主原料はチキンということになります。

また、次にサツマイモ、バターナッツスカッシュと原材料の具体的な名前が並んでいます。こういったドッグフードは原材料の書き方のものは安心して与えられるものが多いです。

一方で、主原料に肉類などの具体的な名前が書いていない場合には注意が必要です。

肉類とはハイプロダクトや4Dミートと言われる本来なら捨ててしまうようなお肉を粉末状にして使用している可能性があります。

また、お手頃なドッグフードと高価なドッグフードの違いは主原料に穀物を使用しているか、お肉や魚などを使用しているかの違いがあります。

値段が高くなればなるほど高品質なチキンや牛肉を使っていることが多いようです。


Point!

  • 原材料は具体的な食材の名前が書いてあるものが安心!

たんぱく質を確認する

ドッグフードの主なタンパク源はどの食材のなのかを確認します。

例えば、先ほどの【ネルソンズ】ドッグフード は主原料であるチキンは動物性のたんぱく質を豊富に含んでいます。

動物性たんぱく質はわんちゃんにとって消化吸収しやすいたんぱく質なんです。

品質の良いお肉や魚は、生物価というものが非常に高いです。

生物価:消化されたたんぱく質が体内でどれくらい使用されたかを表す値のこと。生物価が高いほどよく吸収されて、体を作るのに役立っているたんぱく質である。たんぱく質をやみくもに摂取するのではなく、生物価の高い良質なたんぱく質をきちんと摂ることが大切。


Point!

  • 主なタンパク源はどの食材かチェック!

脂肪分を確認する

脂肪分とは必須脂肪酸のことで、体内では作ることのできない脂肪のことです。

リノール酸やオメガ3、オメガ6などと言われることもあります。これらの必須脂肪酸は皮膚や被毛の健康維持に欠かせません。

最近、毛艶がなくなってきたり、切れ毛が増えてきたというわんちゃんは必須脂肪酸が足りていない可能性があります。

ドッグフードから必須脂肪酸を摂取するには鶏肉を主原料にしたものを選ぶと良いです。鶏肉の脂肪にはリノール酸が豊富に含まれています。

また、最近では必須脂肪酸を追加で混ぜているドッグフードもあります。値段は少々高くなる傾向にありますが、皮膚などに不安のあるわんちゃんはこういったドッグフードを選んでみるのもいいかもしれません。


Point!

  • 必須脂肪酸は皮膚や被毛の健康維持に欠かせない脂肪のこと

安全性はどうか?

安全性は添加物や販売元の情報などを参考にすると良いです。

添加物は化学物質を使用しているのかや保存料・着色料が人工的なものなのかなどを確認するようにします。

また、酸化防止剤などにも注意するとより安全性の高いドッグフードを見極めることができるようになります。

天然由来の酸化防止剤や保存料を使用しているドッグフードは保存期間をなるべく延ばしながらも安全性に注意してくれているドッグフードです。

全く酸化防止剤や保存料を使用していない無添加のものもあります。安全性は非常に高くなりますが、保存がきかないなどの弱点もありますので、小分けのものをその都度買うようにするなどの配慮が必要です。

販売元の情報はネットで調べればいくらでもでできます。どのような会社でどのようなものを製造・販売しているかなどを確認すると良いです。


Point!

  • ドッグフードの安全性は添加物と販売元の情報から見極めてみる。

どのような分類のドッグフードなのか

愛犬に合ったドッグフードを選ぶにはドッグフードがどういった分類のものなのかを確認する必要があります。

分類とは一般的な食事として与える総合栄養食なのか、それとも病気の治療を目的とした療法食なのかなどです。

総合栄養食
総合栄養食

写真は我が家のキャバリアの子犬にあげている総合栄養食です。

総合栄養食はお水とドッグフードさえ与えていれば栄養の不足がほぼないと言われているドッグフードです。含まれている栄養素が決まった基準をクリアしていないと総合栄養食として販売することはできません。

最近では、手作りご飯が健康に良いとして毎日作っている飼い主さんもいらっしゃると思います。しかし、手作り食はどうしても栄養バランスが偏ってしまいがちです。

そのため、総合栄養食のドッグフードと手作り食を上手に組み合わせると良いです。

画像のドッグフードは【HAPPY DOG】サノN というドッグフードで腎臓病や肝臓病のわんちゃんのために作られたドッグフードです。

サノNのような療法食は病気の治療を目的としたドッグフードです。基本的には獣医さんから療法食を与えるよう指示があった場合に使用します。

ペットショップやホームセンターなどでも購入することができるものですが、与える際には一度獣医さんに相談してみることをお勧めします。


Point!

  • 総合栄養食はお水とドッグフードだけで必要な栄養をとれるドッグフード
  • 療法食を与えるときは獣医さんに一度相談しよう

愛犬の様子を観察するのが一番!

笑顔の犬たち
笑顔の犬たち

ドッグフードの選び方について紹介していきましたが、いくら飼い主が悩んでも愛犬に与えてみないと本当に合っているのか合っていないのかはわかりません。

愛犬に合っていないフードは食いつきが良くなかったり体調に何かしら変化が出ることが多いです。ドッグフードがあっているかどうかを確認するポイントを紹介します。

食いつきはどうか

まずは、食いつきです。いくら栄養満点で高価なドッグフードを選んでも食べてくれなかったら意味がありませんよね。

今まで食べてきたドッグフードと食感が全然違ったり、匂いが全く違ったりすると食べてくれないこともあるようです。

新しいドッグフードに変えるときには、今まであげていたドッグフードと混ぜながら徐々に切り替えていくようにするのがおすすめです。

それでも食べてくれないようなら、残念ながら食べさせるのは難しいかもしれません。

新しいドッグフードへの切り替えを考えている場合には今食べているドッグフードがなくなる前に購入しておきましょう。


Point!

  • 食感や匂いの違いで食いつきに影響が出る
  • ドッグフードの切り替えは徐々に行う

うんちの状態は?

新しいドッグフードへの切り替えを行っているときに同時に注意して欲しいのがうんちの状態です。

新しいものに変えてから下痢や便秘になってしまったり、お腹の調子が良くない場合にはドッグフードがあっていない可能性があります。

切り替え始めた2、3日だけうんちが緩くなってそのあとは元にもどったなら大丈夫です。

また、おならを頻繁にする場合やお腹がギュルギュル言っている、うんちの匂いがあまりにも臭いなどの症状がある場合にもドッグフードがあっていないのかもしれません。


Point!

  • うんちの状態は体調を表している
  • 下痢や便秘などが続く場合にはドッグフードがあっていない可能性がある

体を痒がっていないか

新しいドッグフードを与えるようになってから、体を頻繁に掻くようになったり、床に擦り付けるようになったら注意が必要です。

特に目や口の周りが痒そうだったり、背中がかゆい場合には与えているドッグフードの原材料の中にアレルギーの原因となる食材が使用されている可能性があります。

わんちゃんの食物アレルギーの検査は動物病院で行うことができますので、もし食物アレルギーが疑われるような症状が出たり、不安な場合には一度検査してみると良いかもしれません。

基本的には採血で検査することができるようです。


Point!

  • 食物アレルギーは口や目の周り、背中がかゆくなることが多い
  • 動物病院で検査することができる

お悩みによってドッグフードを正しく選ぶ

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方として、どのような悩みを解消したいかによって使用している食材やどんな成分が入っていると良いのかなどを考えるのも一つの方法です。

お腹の調子が良くない

愛犬のお腹の調子が良くないのが悩みなら、お腹に優しい成分を含んでいたり消化しやすいドッグフードを選ぶようにすると良いです。

お腹に良いドッグフードの特徴は以下のようなものがあげられます。

  • 乳酸菌が含まれている
  • 消化不良を起こしにくい食材を使用している
  • よく噛んで食べられるような粒の形状になっている
  • サツマイモなどの食物繊維が豊富
  • オリゴ糖が含まれている

この他にもお腹に優しいものはたくさんあります。

このようなドッグフードを選ぶことでお腹の調子が良くなる可能性があります。

関節を強くしたい

シニア犬や室内で飼われているわんちゃんは運動不足で関節が弱くなってしまうことがあります。また、フローリングもわんちゃんの関節に負担がかかってしまいます。

関節を強くしておくことでいつまでも元気に歩くことができるようになります。

  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • 緑イ貝

上記のような成分は軟骨の生成を助けて関節を強くしてくれる効果が期待できると言われています。

皮膚や毛質に不安がある

皮膚や毛質、毛艶がないなどの悩みは、きちんと栄養をバランス良く摂り適度な運動を心がけることで改善することが多いです。

美しい皮膚や被毛は健康の証です。

  • 必須脂肪酸
  • 亜麻仁油
  • ひまわり油
  • かぼちゃの種

上記のものは皮膚や被毛を健康的にしてくれる成分を含んでいます。先ほどもお話ししましたが必須脂肪酸などは体内で合成することができないので食事から摂取したい栄養素になります。

まとめ

ご飯と犬
ドッグフードと犬

わんちゃんにとって食べることは楽しみであり、健康を維持する上で重要なものです。

ドッグフードの正しい選び方を身につけ、商売目的の品質の良くない材料ばかり使用したドッグフードを見抜けるようにしましょう。

愛犬にあったドッグフード選びができるようになれたら良いですね。

関連記事

愛犬の元気や疲労を回復するのに最適な【PELTHIA】ドッグフード。薬膳の考えを取り入れ、滋養強壮の効果が期待できるクコの実を使用した珍しいドッグフードです。

リンの含有量を減らし、腎臓や肝臓に優しい療法食サノNを販売している【HAPPY DOG】。ペット先進国のドイツだからこそ作ることのできた高品質ドッグフードを販売しています。

種類やお悩み別のドッグフードを幅広く扱っているので、愛犬にあったドッグフードがきっと見つかるはずです。

究極の手作りフードである【PETOKOTO FOODS】ドッグフード。実際にわんちゃんを飼っている飼い主さんや愛犬家が集まって作られたドッグフードです。

馬肉はわんちゃんにとって必要な栄養素をたっぷり含んだ万能食材です。【馬肉パラパラミンチ】は生の馬肉を冷凍し届けてくれる画期的なサービスを提供。

新鮮な馬肉をあつかっている老舗の馬刺し専門店だからこそできた商品です。

Follow me!

愛犬のために良いものを見極めよう!ドッグフードの正しい選び方と原材料の効果について” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です