義務化される?犬にマイクロチップを装着するメリットや登録にかかる費用を紹介

最近、犬を家族として迎える際にマイクロチップ装着済みというわんちゃんが増えてきましたよね。

また、動物病院などでも避妊や去勢手術のついでにマイクロチップを装着してほしいという飼い主さんもいます。

このマイクロチップとは一体何なのか、そしてマイクロチップをつけることでどのようなメリットがあるのかについてわかりやすく紹介していきます。


この記事はこんな人におすすめ!

  • マイクロチップについて今さら聞けない・・・。という人
  • マイクロチップをつけることのメリットが知りたい
  • 装着にかかる費用がどれくらいか知りたい
  • 引越しをしたら登録した情報はどのように変更したら良いかわからない人
  • 愛犬にマイクロチップをまだ装着していない

マイクロチップとは?

マイクロチップとは
マイクロチップとは

マイクロチップとはわんちゃんを個体ごとに識別できるようにする装置です。


マイクロチップ概要

  • 直径2mm
  • 長さ10mm
  • 円筒型
  • 外側は生体に適合するガラス
  • 内部はICやコンデンサ、電極コイル
  • 電池が不要
  • 半永久的に使用可能
  • 15桁の数字が付いている

マイクロッチップは非常に小さいカプセルのようなものです。

マイクロチップごとに15桁の数字が設定されているので、その数字を利用してどこの誰のわんちゃんであるかを識別できるようにしたのです。

電池がいらないので半永久的に使用することができます。また、動物の体に入れても害のないような生体に適合したガラスで覆われているので安心して装着できます。

マイクロチップを装着するメリット

マイクロチップのメリット
マイクロチップのメリット

マイクロチップをつけるこのメリットは、「迷子になった時に飼い主の元に戻ってこれる確率が上がること」です。

首輪などに迷子札をつけている飼い主さんもいますが、首輪をつけていないときに迷子になってしまったら意味がありませんよね。

マイクロチップな体内に入っているので外れてしまうことがありません。

海外ではマイクロチップを装着することを義務化している国もあるくらいです。日本は海外からわんちゃんを迎えるもしくは海外にわんちゃんを連れて行く際にマイクロチップの装着が必須になっています。

しかし、近い将来マイクロチップ装着が義務化されるのではないかと言われています。

マイクロチップの読み取り

「マイクロチップをつけることで個体の識別ができるっていうけどどうやって体内にあるマイクロチップを読み取るんだ・・・?」

確かに体内にあるマイクロチップは目視では確認することができないですよね。

読み取りには専用のリーダーというものを使用します。

マイクロチップを装着している首と背中の間あたりにリーダーをかざすとマイクロチップの番号を読み取ることができるのです。

リーダーは動物愛護センターや保健所、一部の動物病院に置いてあるので識別してもらうことができます。識別された番号は日本獣医師会で飼い主さんを特定してくれるのです。


補足

現在、わんちゃんのマイクロチップはAIPOとFAMという2種類があります。

AIPOはかなり大きな団体で100万頭近くの登録データを管理している団体です。一方でFAMはまだまだ小さな団体です。

そのため、動物病院でもAIPOのリーダーしか扱っていない病院もあります。

リーダーを使って読み取りをする際にAIPOのマイクロチップ専用のリーダーだとFAMの情報は読み取ることができず、「データがありません」と出てしまうことがあるようです。

わんちゃんを迎えた時にすでにマイクロチップを装着していた場合にはAIPOなのかFAMなのか尋ねておくことをおすすめします。

また、FAMのみにデータを登録している場合にはAIPOにもデータを登録しておくことをおすすめします。登録料1000円がかかってしまいますが、同じマイクロチップで大丈夫なので装着し直す必要は有りません。


マイクロチップはどうやってつける?

動物病院にいる犬
マイクロチップの装着方法

マイクロチップの装着は獣医さんが行う作業です。

理由は体内に注射で埋め込むからです。首と背中の間くらいに注射器で埋め込みをします。

麻酔をせずに装着することもできますが、針が太いので痛みは少し強くなってしまうようです。

装着の際には化膿を防ぐという理由で周囲の毛を刈ったり、消毒を行う必要があるので注意が必要です。心配なようなら担当の獣医さんにどの程度刈るのかなどを聞いてみると良いですよ。

装着や登録にかかる費用は?

はてな
はてな

マイクロチップの装着には通常5000円から8000円かかります。また、情報の登録に料金が別途掛かる場合もありますし、装着代に含まれている場合もあります。

動物病院によって異なりますので確認してみると良いです。

装着が済んだら、申請書に飼い主情報とペットの情報を記入して提出します。(この時に登録料1000円発生する場合がある。)

ちなみに画像は我が家のキャバリアのマイクロチップの番号とバーコードです。

すでに家族として迎える際にマイクロチップ装着済みだったので契約書にマイクロチップについての項目がありました。

登録内容の変更の仕方

登録したけど住所が変わった、もしくは飼い主が変わったなどの理由で登録内容を変更するには登録している飼い主さんが申し出る必要があります。

飼い主が変わってしまった場合などは、元の飼い主さんで登録していると思います。その場合には元の飼い主さんが登録情報を変更しても構わないという意思の確認ができれば変更することができます。

変更は日本獣医師会で行います。

Webでも変更が可能になっています。

↓↓↓

https://www.aipo.jp/apply/

まとめ

気持ちよく寝る犬
気持ちよく寝る犬

いかがでしたでしょうか?

マイクロチップは日本でも義務化されるかもしれません。愛犬が迷子になった時に自分の元へ帰ってこれるように装着を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

Follow me!

義務化される?犬にマイクロチップを装着するメリットや登録にかかる費用を紹介” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です